汚部屋にしないで!片づけられない女子が同棲をするときに気をつけたいこと




一人暮らしだったら、なにも言われないけど……。同居人がいると、自由に過ごすわけにはいきません。

共有スペースのソファーを物置き代わりにしていたら、さすがに彼も怒るでしょう。同棲を成功させるためにも、片づけ上手を目指しませんか?

服が一番増えやすいなら、定期的に断捨離を

女子にとって洋服は、自己表現する大切なアイテム。冬から春にかけては、あちらこらちで何度もセールが行われる分、どうしても一時的に服が増えます。

一人暮らしだったら、どんなに洋服が増えようとも「まぁ、そのうち片づければいいや」で済みますが、彼と住んでいる場合は、そういうわけにはいきません。

できれば「あとで」と後回しにするのではなく、洋服を何着か購入した時点で断捨離を行いましょう。

たとえば2着購入したなら、最低でも1着は捨てないと断捨離をしたことにはなりません。しいて言うなら、2着買ったなら、2着以上捨てると、さらにスッキリします。

定期的に洋服の断捨離をしないと、クローゼットに入りきらなくなってしまいます。

共有部分だけをキレイに保つ

2DKや2LDKのように、それぞれのスペースがあり、なおかつ共有部分があるなら、とりあえず自分の部屋よりも共有スペースが汚れないように気をつけましょう。

おそらく同棲をはじめる時点で彼とも「お互いの部屋はともかく、共有スペースはいつもキレイにしておこう」というお約束になるはずです。

片づけが苦手な女子からしてみると、お部屋全体をいつもキレイにしておくのは難題になってしまいますが、共有スペースだけなら、どうにかがんばれるはず。とくにソファーの上が洋服や本だらけにならないように気をつけてくださいね。

ソファーを物置きにしない

彼が潔癖傾向にあるなら、おそらくソファーを物置代わりにされるのが許せないはずです。彼からしてみると、どうして本来の位置に戻さず、一度、ソファーに置くのかが分からないのでしょう。

しかし、片づけられない女子の立場からしてみると「とりあえず」と置いているうちに、物が溢れてしまうのです。とはいえ、ソファーの上がごちゃごちゃしていると、お部屋全体まで汚く見えちゃうのは事実。

彼も最初は黙っているかもしれませんが、そのうちイライラしてきます。「そろそろ、片づけてほしいんだけど」と言われる前に、ソファーから物はすべて撤退させておきましょう。

空間を共有している意識をもつ

2LDKや2DKに一人で住んでいるなら、どんなにお部屋の中が荒れようとも関係ありません。あくまでも人を呼ぶときだけキレイにしておけばいいんです。しかし、彼と一緒に住んでいる以上、さすがにすべてのスペースを自分の思うようには使えません。

片づけられない女子からすると「片づける時間がない」と言いたくなりますが、同じ時間を過ごしていて、彼は片づけているんですから、おそらく意識の問題でしょう。共有スペースはもちろんのこと、お部屋全体を汚部屋にしないように!

 

今の段階では、まだ二人は同棲の状態。

つまり片づけられない姿を見て、お付き合いをお断りされる可能性もあるのです。せっかくキレイなお部屋に住んでいるのに、汚部屋にしちゃうのは、もったいない。少しずつでも、片づける癖がつくように心がけないと!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し

この記事をかいた人

山口 恵理香

コラムニスト、webライター、恋愛カウンセラー。 毎月300記事以上のコラムを執筆中。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。 2018年より結婚相談所で対面カウンセリング等、恋愛カウンセラーとしても活動し、マルチライフワークスタイルを確立。 人生のモットーは「瞬間を生きる」。東京・京都・横浜を拠点としながら多拠点生活もスタート。