こんなはずじゃなかった!同棲ストレスの対処法




同棲を始めたら、楽しい日々がずっと続くと思っていた…。

ところが実際は家事を押しつけられるし、彼は寝てばかりで何もしない状況にストレスを感じ始めるなんてことも。

同棲から結婚へとさらにステップアップするためには、今ががんばりどき。上手にストレス解消できたら、きっと二人仲良く一緒にいられるはず。

今回は、同棲ストレスの対処法をご紹介します。

定期的に話し合う

今まで別々の場所で暮らしてきた二人が初めて同じ屋根の下で暮らします。

デートや旅行では分からなかった相手の嫌な部分もたくさん知ることに。不満がたまるのも当然で、大切なのは不満が爆発する前に彼とシェアをすることです。そのためには定期的な話し合いが必要不可欠。

一緒に住んでいるのであれば、わざわざ外のカフェを利用しなくてもコーヒーでも飲みながら、おうちで真剣に語り合えます。そもそも、そんな環境を確保できているだけで幸せなことでもあるのです。

彼と定期的に話し合えば、お互いに「もっとこうしてほしい」と伝える機会をつくれます。不満や不安も小さいうちに伝えた方がきっと二人のためになるでしょう。

一人の時間をつくる

同棲中、一番気をつけたいのは彼に対して尽くしすぎないことです。「私が家事をしなきゃいけない」「私がこの人を何とかしてあげなければ」と強く思いすぎても、彼からしてみるといい迷惑な状態に。

彼はそれほどあなたに尽くしてほしいと思っていないかもしれません。もしかしたら何も言わずにがんばり続ける彼女を心配している可能性もあります。ほどよく気分転換するためには、一人の時間をつくることがなによりも大切。

とくに同棲初期の段階では、多くのカップルが経済的に広い部屋に住むのは厳しい状態。ワンルームに二人で住むケースもあるでしょう。いずれにしても外の空間を利用して一人の時間をつくらないと、彼に対するイライラが貯金される状態に。

家事を分担する

同棲中は基本的に家事の分担を義務づけましょう。お互いに同じ時間だけ働いているのであれば「女性だから」という理由だけで家事を押しつけられる必要はありません。自分も夜遅くまで働いているのに、彼は男性だからぼ~っとしていられるなんて不平等すぎます。

同棲期間中から彼には家事を手伝ってもらい、家事に慣れさせましょう。何事も訓練!慣れさせれば、家事に対する抵抗もなくなり、同棲から結婚へと進んだときにも家事について揉めなくなります。いちいち彼に教えるのが面倒くさくても、これからのことを考えて彼には手伝ってもらいましょう。

友だちとの時間を減らさない

彼との同棲が始まると、彼一色に染まる人が非常に多いです。たしかに二人の生活に慣れないからこそ必死になってしまいますが、友だちとの予定もドタキャンしたり、急きょ早めに帰ったりと友だちの予定を振り回していませんか?

同棲が始まっても仕事はもちろんのこと、友だちとの時間を基本的には減らさないこと。一緒に住んでいるからこそ、毎週末彼と予定を合わせる必要もなく、友達との予定を入れやすい状況になるはずです。生活のリズムの中心が「彼」だけにならないように気をつけましょう。

今まで別々の環境で過ごしてきた二人が一緒に暮らし始める…。

ストレスが溜まるのも当然です。彼も言わないだけで一人になりたいと思うときがあるでしょう。適度に一人の時間をつくりながら、同棲生活を楽しんでくださいね。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し

この記事をかいた人

山口 恵理香

コラムニスト、webライター、恋愛カウンセラー。 毎月300記事以上のコラムを執筆中。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。 2018年より結婚相談所で対面カウンセリング等、恋愛カウンセラーとしても活動し、マルチライフワークスタイルを確立。 人生のモットーは「瞬間を生きる」。東京・京都・横浜を拠点としながら多拠点生活もスタート。