【検証】使い続けた歯ブラシ、広がった毛先が熱湯で元に戻る?

img_4974

はじめまして!
東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST、略して「東大CAST」です。

私たちは「科学の面白さを多くの人に伝える」ということを目標に活動している東京大学の学生が集まったサークルです。普段は小・中学校などからご依頼を受けて、実験教室やサイエンスショーを行っています。面白い実験・工作や、身近な科学の不思議について紹介する本を執筆したりもしているので、もしかしたら皆さんも書店で名前を見かけたことがあるかもしれません。
syugousyasin

こちらの記事でも、私たちに身近な「ある噂」の真偽を実験によって科学的に検証しております。

今回担当しておりますのは、秋から工学部応用化学科に進学します二年生の徳永康平と、工学部社会基盤学科に進学します同じく二年生の新井崚太です。よろしくお願いします。

さて、私たち人間の生活において「歯磨き」は欠かすことのできない営みの一つです。これは現代に生きる我々に限った話ではなく、紀元前数千年という太古の昔から人類は歯磨きをし続けてきました。もちろん、私たちは口の中を清潔に保てなければ虫歯になってしまいますし、それが続けば歯がどんどん抜け落ちてしまったり、病気に感染して重症化してしまうようなこともあるでしょう。このように、私たちは歯を磨かなければ健康に生きていくことはできないのです。

では、私たちが正しい歯磨きを行うために必要な事とは何でしょうか。歯磨き粉の種類など気をつけるべき点の多い歯磨きですが、ここでは歯ブラシ自体に注目してみたいと思います。

「歯ブラシの劣化」とは?

突然ですが、皆さんはどのくらいの頻度で歯ブラシを交換していますか? しばらく替えないで使い続けていると、だんだん毛先が広がってきてしまいますよね。

1

こんな風に毛先が広がってくると、歯の隙間にしっかり毛先が届かなくなったり、汚れを掻き出すための力がうまく伝わらなくなってしまったりします。毛先が広がった状態では、歯の汚れをうまく落とせなくなってしまうんですね。

それでは、しっかりと歯の汚れを落とすために私たちはどんなことに気をつければよいのでしょうか。もちろん理想は、毛先が広がってしまう前に歯ブラシを新品に取り換えることですが、そうしなくても広がった毛先を元に戻すことができるという「ある噂」を耳にしました。

熱湯で歯ブラシの毛先が元に戻る…?

その噂はとてもシンプルで、「歯ブラシを70~80℃の熱湯に入れ、中で毛先を整えた後に冷水に浸ければ毛先が元に戻る」。ただそれだけなのです。
本当にそんな単純なことで毛先の広がりが元に戻るのでしょうか? 実際に実験をして検証してみました。

今回用意した歯ブラシは先ほどの写真と同じものです。まずは、これを熱湯に浸けます。

2

そうして、お湯の中で円を描くように動かして毛先を整えます。整ってきたら冷水に浸してやれば完成です。

今回の検証では、このような感じに仕上がりました!

3
4

どうでしょうか? 検証前と比べて、毛先が整っているのがわかると思います。とても単純に聞こえる噂でしたが、実際に確かめてみると本当でした。

この方法、とてもお手軽で不思議ですよね。どうしてお湯を使うだけで歯ブラシが直るのでしょうか?
その秘密は、歯ブラシの材質に隠されているんです。

次のページで、その秘密を解明!

この記事をシェア!