【初心者必見】正しいセーターの洗い方と干し方で3倍長持ち!

冬になると毎日でも来て過ごしたいのが「セーター」。秋から春先まで使える優れものです。でも、暖かくなってきた頃には、そのセーターがボロボロになってしまって1年でポイ、なんてことはありませんか?

実は、セーターも、ケアの仕方で暖かさや寿命が大きく異なってきます。「え、セーターって洗うものなの?」という洗濯初心者の方でも大丈夫なよう、ここではセーターのケアや長持ち方法を紹介します。

そのセーター、実は結構汚れています

pixta_9789698_M
「セーターなんて、洗わなくてもいいんじゃないの?」と思いの方は要注意。実は、セーターには目に見えない汚れがたくさん付いています。

たとえば、袖周り。なかなか意識しませんが、セーターの袖は日常的にいろいろなものに触れているため、自然と汚れが付着しているのです。他にも、脇の下や首周りにも、汗や皮脂が知らず知らずのうちについているのです。

せっかく買ったセーターを長持ちさせるためにも、自宅でできる「セーターケア」(セーターを洗濯)を実践してみましょう。

セーターのケアの注意点3つ

DSC01916

注意点①:そもそも、水洗い可能かをチェック!

まずは、選択セーターの品質表示をチェックしましょう。品質表示とは、着ているときに左のわき腹の位置にくるタグに書かれた情報のこと。その服の洗濯の方法や原産地、記事の原料などが記載されています。

高校の家庭科の時間で習ったはずだけど、忘れてしまった!という人のために、ここでおさらいです。まずは、洗濯機マークまたは手洗いマークがあるかどうかを確認します。カシミアなどの高級セーターの場合、これらのマークにバツ印がつけてあり、水洗い自体が不可のものもあるので注意しましょう。(下記写真参照)。
DSC01920

注意点②:洗濯機NGのことも!

水洗いが可能ということがわかれば、洗濯機で洗うか個別の手洗いかを見てみます。もし、大切なセーターであれば、できる限り手洗いをお勧めします。セーターはデリケートなものなので、シャツや下着類のようなものと一緒に洗剤を入れて強く廻すと、縮む原因になります。

pixta_2328799_M

縮むのを避けるためには、丁寧な手洗いが必要です。大切なセーターならば、たとえ洗濯機OKであっても、洗面器で単独で洗うことを心がけましょう。写真のように洗面器いっぱいに水と洗剤を入れて、セーターを畳んだまま、優しく洗います。

注意点③:お湯はぬるめ、洗剤は中性で押し洗い!

水の温度は、冷たい水よりもぬるま湯の30度がベスト。洗剤は必ず、中性洗剤を使います。もし、おしゃれ着用の中性洗剤があればベターです。

洗い方は、「押し洗い」。指を開いて、セーターを洗面器に軽く押しつけ、浮いてきたらまた押す、これを繰り返す洗い方のことです。力は入れすぎずに軽く押すことを繰り返しましょう。

セーターの中には染料が溶け出してしまいやすいものもあるため、洗えば洗うほど色あせていってしまうこともあります。鮮やかな色を保つためにも、洗いすぎ・こすりすぎにはくれぐれも注意しましょう。

洗ったセーターは、陰干ししよう

男性

洗面器で洗い終わったら、すぐに干しましょう。ここで乾燥機に入れるとセーターの毛糸が縮んでしまうため、注意する必要があります。干す時は、必ず陰干ししましょう。室内の直射日光が当たらないところで乾かします。この時、濡れたセーターをハンガーにかけるのは避けましょう。濡れたセーターは水の重みで首まわりが伸びやすいため、通常のハンガーで乾燥させると伸びてしまう原因になるためです。そこでおすすめなのが、「平たく干す」こと。

平らな箇所に布を敷いてその上にセーターをたたまずに置いておき、乾くまでそのままにしておきます。床に置けない場合は、100円ショップなどで平干し用のネットを買ってくるのも◎。

pixta_11596737_M

暖かくなり、セーターの出番が終わったら、たたんでしまっておきましょう。次の寒い季節まで、セーター用の防虫剤を入れておくと、より安心です。

冬の相棒セーターを長く、上手に着こなして、皆さんの一人暮らしライフがより素敵になりますように!

この記事をシェア!