雨の日の洗濯も心配なし!一人暮らしにすすめたい部屋干しアイテムまとめ

Fotolia_85235021_Subscription_Monthly_M

雨の日になると洗濯物が外に干せず、しぶしぶ部屋干しをせざるを得ないですよね。部屋中に洗濯物がずらりと並び、そこからは嫌な生乾きの臭い……部屋干しで嫌な思いをした経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか。特に一人暮らしだと部屋が狭いので、もっと嫌な気分になりがち……

そこで、今回は一人暮らしの部屋干しをもっと楽しく、快適なものにするために、おすすめしたいアイテムをご紹介します。

一人暮らしにおすすめな部屋干しアイテム

■室内物干し

monohoshi-01
部屋中に洗濯物を干すと、部屋が窮屈な感じがして、嫌な気持ちになりますよね。

そんな部屋干しを少しでも快適にしてくれるのが「室内物干し」。これがあれば、1カ所に干すだけでOK。部屋干しの際に部屋中に洗濯物を吊るさなくてもいいので、効率のよい部屋干しができます。

「X型」の物干であれば、組み立てや持ち運びも簡単。晴れた日ならベランダに設置して、いつもの洗濯物干しにも使用することができます。一人暮らしの家にひとつあるだけで、とても活躍してくれるおすすめのアイテムです。

参照:ステンレスX型室内物干し

■引っ掛けポールハンガー

Devices
壁に取り付けるポールハンガーです。長押(なげし)と呼ばれる、家の壁にある出っ張りに設置して、洗濯物を吊り下げることができます。長押がある部屋限定で使用できるアイテムですが、部屋干しの際に活躍すること間違いなしです。

冬場には使用頻度の高いコートや来客者の上着をかけるために使用することもできるし、女性の下着だけを干す簡易物干しとしても利用可能。年中いつでも使えるおすすめアイテムです。

参照:引っ掛けポールハンガー

■窓枠を使った物干しがけ

部屋干しをする際の悩みの一つ。それは、部屋干しのスペースの確保ではないでしょうか。洗濯物を全て部屋の中で乾かすためにはそれなりのスペースが必要ですが、特にワンルームだと広いスペースを確保するのはなかなか難しいですよね。

そんな方におすすめなのが「窓枠設置タイプの室内物干し」。窓枠につっぱり棒を設置することで、洗濯物を干すことができる画期的なアイテムです。

つっぱり棒は伸縮可能なので、窓枠のサイズに合わせてカスタマイズすることができるのもポイント。ドライバーなどの工具を使う必要もないので、部屋に傷をつけることもありません。床と天井に棒を立てるタイプの物干もあるので、どんな部屋であったとしても取り付けが可能です。

■部屋干し用洗濯洗剤

部屋干しすると生乾きの嫌な臭いが気になる人も多いはず。生乾きの臭いの原因は雑菌や皮脂、タンパク質汚れなどと言われており、一度洗濯物についてしまうと、しばらくは取れない可能性があります。せっかくのお気に入りの服に臭いがついてしまうと、とてもショックですよね。

それを防ぐためには、市販の「部屋干し用の洗濯洗剤」を使って洗うのがおすすめ。部屋干し用の洗濯洗剤は、一般的な洗濯洗剤よりも殺菌効果が高く、部屋干しの臭いの原因となる雑菌や汚れを強力に分解してくれます。部屋干し用の洗濯洗剤を使って洗えば、部屋干しでも嫌な臭いが発生しにくいので、雨の続く日に毎日のように部屋干ししていても快適に過ごすことができます。

市販の部屋干し用洗剤には、粉末タイプと液体タイプのものがあります。汚れがひどいものを洗いたいときは粉末タイプ、時短で洗濯したいときは液体タイプを使うなど、使い分けるのもおすすめです。

■アイロン

ITM_152494432_1-01
生乾きの臭いが発生しないようにあらゆる対策をしていても、どうしても臭ってしまうことがあります。そこで使える最終兵器が「アイロン」です。

ある程度洗濯物が乾いたタイミングでアイロンをかけると、水分が蒸発するので完全に洗濯物を乾かすことができます。

さらに熱で臭いの元となる雑菌を除去することもできるんです。「乾燥機がないけど、どうしても洗濯物を早く乾かしたい」というときにも、アイロンがけはおすすめです。
参照:コードレススチームアイロン

まとめ

雨の日におすすめの部屋干しアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか。

雨の日は、通勤や通学で服が濡れてしまったり、髪の毛がセットしにくかったりと、気分が下がりやすいもの。そんな雨の日でもできるだけ気分を盛り上げるために、まずは楽しく部屋干しができるアイテムを揃えてみるのはいかがでしょうか。雨の日でもきっと快適な生活ができるはずです!

この記事をシェア!