大さじ小さじ、お米3合など、計量器がないときに正確に測る便利な代用品アイデア7選




「お米3合」は500mlペットボトルにぴったり入れる

お米の軽量って、けっこう難しいですよね。普通に計測をしても水の分量次第ではべちゃべちゃになったり、硬くなったり。こだわりが強い筆者の友人は、毎回正確にはかり、確実に好みのお米の硬さにするために真剣でした。

ですが、たまに軽量カップが見当たらない、あるいは軽量カップを無くしてしまうときがあるんです。お米の袋を開けて、軽量しようとするとカップがない。なんとこれではご飯が食べられないではありませんか! ! ! .というときにおすすめの方法が「ペットボトルで3合炊き」です。500mlのペットボトルにパンパンにお米を入れると、ちょうど3合分になります。

というのも、1合は約180ml、3合で540mlなのですが、500mlペットボトルにびっちりお米を詰めることで、だいたい540ml程度の量になるのです。

軽量カップがないとき以外にも、ご飯をまとめて炊いて冷凍しておきたいとき、友達と寿司パーティやカレーライスを食べるときなど、たくさんお米を炊きたいときにもよく活用できますよ。

[+1 アドバイス] ペットボトルにお米を入れて保存も◎

あと、実はお米は買った時の袋には穴が空いているため、保存には向いていません。しかし3合分のお米を乾いた500mlペットボトルに入れておけば、湿気から守りおいしいお米に、さらに毎回そのまま流し込めば3合のお米を一気に炊くことができて効率的っていう、一石二鳥の保存方法になるんです。

炒めものに適量の油は「大さじ1」。ペットボトルキャップで測ろう

最後は豆知識も兼ねた「軽量」のすすめです。

フライパンに油をひいて肉や野菜を炒めるとき、油の分量はどの程度にしていますか? 調味料とは違い、なんとなく「油を敷いておけば焦げつかないから」という気持ちで、適当に流し込んでいる人も少なくないと思います。(私もそうですし、そうするとたまにあぶらっぽすぎる時があるんですよね)

実は、フライパンに油を入れるとき、炒め物に適した量は「広がってから直径が8cmになるくらい」で、その分量はだいたい大さじ1。

大さじ1の測り方は先ほど紹介した通り「ペットボトルのキャップ2杯分」なので、すぐ測れますよね。

このことを知ったあとは、油を測って料理をしてみたら、本当にちょうどいい分量で、油っぽくない炒めものができましたよ。(オリーブオイルはたっぷりの方がいいって聞いたことがあるので、たっぷり使っています)

面倒な自炊も「代用品」で計測マニア! ペットボトル超活用で楽しく楽に自炊しよう

今回はペットボトルを中心に、計量道具の代用品から、知っておくと便利な計量の豆知識までご紹介しました。私はこの中でもペットボトルのキャップとお米3合の計測の仕方が気に入っているので、自宅でもよく使っていますが、みなさんは活用できるものはありましたか?

とはいえ、自炊に慣れてきたら正しく計測するために軽量用具を買ってもいいかもしれません。一人暮らしに慣れたら、代用品を卒業して、本物の軽量に挑戦してみてください。

みなさんの自炊ライフが楽しくなりますように!

【自炊をもっとしたい方】におすすめの記事

・料理研究家リュウジさん「簡単おいしいレシピ」記事

コンロ一つで大丈夫!ボールで混ぜ合わせるパスタ特集【一人暮らしバズレシピ#2】

2018.01.16

たまにまおうち飲みもいかがですか?超簡単おうちおつまみ特集【一人暮らしバズレシピ#3】

2018.02.09

一人暮らしの野菜不足を解消!野菜がたっぷり食べられるベジレシピ!【一人暮らしバズレシピ#4】

2018.03.08

炊飯器一つでオッケー!炊くだけ炊飯器レシピ!【一人暮らしバズレシピ#5】

2018.04.09

4つとも簡単でしかも絶品! 今回紹介した軽量がとても役立つ上に、簡単に調理できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し