シェアハウスってぶっちゃけどうなの!?経験者に聞く悩みと解決法!

235f126ea2ac9e41aa25c69686f60e05_s

誰しも一度は憧れる、シェアハウス生活

気の合う友人と、好きな場所で好きなだけ時間を過ごせるのは魅力的です。家賃も安く済むし、広いリビングや浴室を使えるのは大きなメリット。

ただ、他人同士が一緒に住むことでさまざまな不安が出てくるのも事実。今回は、シェアハウス(ルームシェア)によくある11個の悩みについて、実際のところを探っていきます。

興味はあるのにできないのはなぜ?

レオパレス21が実施したひとり暮らし実態調査でも、こんな結果が。
arunai.001

あなたはこれまでに、ルームシェアをしたいと思ったことがありますか?」と質問したところ、21.7%が「ある」と回答しました。

さらに、「ある」と回答した130人に対して、ルームシェアを今していない・できない理由を聞くと、「生活リズムを乱されたくないから」が47.7%でダントツの第1位となり、自分の生活リズムを守れるかどうかが分かれ目となっていることが分かりました。

そのほか、第2位には「お金の分担が面倒だから(20.0%)」、第3位には「お風呂やトイレのシェアが嫌だから(19.2%)」といった、より具体的な理由が上位になりました。

実際に住んでいる人に、悩みを聞こう!

では、実際にルームシェアをしている人たちは、こういった不安にどう対処しているのでしょうか?

実際に住んでいる3人に、よくある悩みを聞いていきます。答えてくれたのは、20歳前後でいずれも都内でルームシェアをしている3人の大学生のひでさん、バンビさん、わったーさん。普段、シェアハウスをしている中での悩みや具体的にどうやっているかをもとに、アドバイスをもらっていきます!

家事の分担が不安

0297ac70ed08f6c9475b266365829193_s

不安1→「ゴミ出しや分別、ゴミの出し忘れでもめそう・・・」

わったー
朝早いため、なかなかゴミが出せずとりあえずベランダに置いていました。しかし、そのまま忘れてベランダがゴミの山になったことがあるんです。

そこで、僕たちは朝ではなく、夜中にみんなでゴミ出しをしてます。いいのかわかりませんが、、、みんな学生なので、夜遅くに集まることが多いです。そのため夜にみんなで出しに行くとケンカにならずに済みますね。

バンビ
僕のシェアハウスでは、一人仕切る人がいるので、みんなその人に従いながら、協力してゴミ出ししています。とくにもめることはありません。ただ、助け合うという精神は大事かと思います。

不安2→「トイレットペーパーなど消耗品の買い出しが面倒そう・・・」

ヒデ
シャンプー、リンス、トイレットペーパーの買い出しは結構問題になります。特にトイレットペーパーがない時、この世を恨みたくなる気持ちになります。

僕たちは、みんなで買い出しに行った時に大量に買い込んでおきます。そして、また無くなりそうになると大量に買う。今のところ、特に問題なく生活してます。

バンビ
シャンプー、リンスはそれぞれ好きなものを買っていて、共通のものは気づいた時に買うようにしています。「共益費」で全員共有のお金を払い、そこから係が買うようにすれば金銭面も解決できますよ。

不安3→「掃除、洗濯当番が面倒くさそう・・・」

ヒデ
始めは「気付いた人が掃除する」ということにしていましたが、結局「俺はやってる!」の言い合いになってしまいました。毎回チェックをしているわけではないので、誰が多く掃除、洗濯しているのかわからない…。だから洗濯は個別、掃除は日にちを決めてやっています。もし、一緒にまとめてやりたいのなら、誰がやったのかメモしておくのがいいと思います。

生活習慣の違い

ae1cdc4b578d5f0c23f5506929364161_s

不安4→「お互いの私物がごちゃ混ぜになりそう・・・」

ヒデ
洗濯物は特にごっちゃになります。ごちゃごちゃになると面倒くさくなり、そのままにしちゃうことが多いです。そしてどんどん山のように積み重なっていく! 取り入れたらその場で分けてしまうのが一番良いと思います。物も使った後にしっかり片す。それが散らからないならない一番の方法だと思います。
バンビ
食器や雑貨品などは他人のものと混ざります。一層、諦めて気にしないか、他人と違うユニークなものを使うしか方法がないです。

不安5→「他人の部屋の汚さが嫌になりそう・・・」

ヒデ
部屋が汚い人は、シェアハウスでも目立ちます。個人の部屋ならまだしも共有部屋でものを散らかしたままにしたり、汚したままにしたりするのは見ててイライラ。片付けられないならルールを作るしかないと思います。他人の部屋のなかは気にしないのも大切。
バンビ
リビングや共有ルームはみんなが集まっている時に一気に掃除をします。僕のところのシェアハウスのように、メンバーが家にいないことが多いと、あまり散らかることがないかもしれません。

不安6→「他人の布団の匂いが気になりそう・・・」

わったー
特に夏場になると、寝ている時に汗をかき、布団に臭いが残ります。コツは、シーツを使うこと。シーツだと洗濯できるので衛生的ですし、そんなに高くないです。シーツ使用を全員のルールにしてもいいかもしれません。
バンビ
それぞれの布団を使うのはもちろんですが、お互いふとんを干すことをルール化すれば、匂いが残らないでしょう。

不安7→「洗濯物を干すスペースが足りなさそう・・・」

わったー
僕のシェアハウスの場合は、ベランダが広いから、洗濯物を干すスペースで困ることは少ないです。カゴを置いておき、乾いていたら他人の洗濯物でも取り込むようにしています。
ヒデ
洗濯物にかけたハンガーなどそのまま持っていく人もいます。ハンガー不足になるため、100円均一で余分に買い込んでいます。洗濯物を大量にかけられる「角ハンガー」を3つ使うことで、狭いスペースでパンツや靴下など小物を一気に干せるのはとても便利です。

不安8→「寝る時間が違って、うるさそう・・・」

ヒデ
ひとりひとり生活が違うため、夜のテレビ、話し声、ゲームの音など、うるさく感じる事があります。僕のところでは消灯時間はなく、近所迷惑にならなければ基本オッケーにしてます。僕は音があっても、あまり気にせず寝れるので問題ないですが、それでも気になる時はイヤホンや耳栓をします。
バンビ
僕のシェアハウスは、自分の部屋に入ってドアを閉めると、周りの音はそんなに気になりません。みんな仲がいいので、音が気になるときはすぐに下げてもらいます。ケンカになるようなことはないです。

私生活が邪魔されそう

fa75fa2d68e06abb34a1f13420bf3b44_s

不安9→「周りにつられて節約できなさそう・・・」

ヒデ
一人暮らしだと自炊で逆に高くついたりもしますが、シェアハウスでは食材を分担してかなり節約できます。人によっては親が農家だったりスーパーを営んでいたりすると安く手に入ります。特に米! 僕の家は農家なので、30キロくらいの米を安く手に入り、かなり助かっています。
わったー
光熱費は明らかに安くなります。複数人で割った方が一人暮らしより安くなるためです。無駄遣いの心配はいらないと思います。

不安10→「誰かが風邪をひいたら伝染しそう・・・」

わったー
残念ながら、同居人一人が風邪をひくと連鎖でみんな風邪をひいていくというパターンは多いです。でも一人暮らしと違い看病してもらえるのは助かりますね。
早く治してもらって、できるだけ手洗いうがいなど、予防するしかありません。

不安11→「異性が遊びに来た時に気まずくなりそう」

ヒデ
誰かの恋人や異性の友達が来ていても、気を遣いすぎないことが大切です。あまり気を遣っている雰囲気を出すとかえって相手にも気を遣わせてしまいますよね。もし2人でいたいなら個人部屋に入ってドアを閉める。共有スペースにいるなら、同居人たちとも会話する空気をつくっています。それくらいのラフさでいいと思います。

まとめ:悩みを解決して、シェアハウスをやってみよう!

がちがちに「ルールを決めるべきところ」と、「気にしないところ」と割り切る必要がありそうですね。いずれにしても、ルールを話し合って決められる仲のメンバーと住むことが大切なようですね。

みなさんの不安を解決して、楽しいルームシェア生活が待っていますように!

調査出典:「ひとり暮らしの75%が節約中!山の日は「家で過ごす(55%) 」が最多数、実際に「山に行く」のはわずか1%いま話題のルームシェア、してみたいと思ったことがある人は21%

この記事をシェア!