洋服にシミが…部屋にあるものでシミ抜き応急処置法【シミの種類別】

DSC04439

外出先や自宅でしょうゆをこぼしてしまって、お気に入りの服にシミができてしまった! そんな体験は、誰もが一度や二度はあるかと思います。

こういったシミはほうっておくと後々、いくら洗っても落ちないので困りますよね。かといってシミの取り方なんて洗濯以外に分からない!なんて方もいるはず。

今回はしょうゆ油性ボールペンカレーなど、種類別のシミ抜きについて、効果の高い順に解説していきます。

きちんと処置をすれば素早く綺麗にシミをとることができるので実践してみてくだい。

シミをとる前に確認しておきたい4つのこと

シミをとる前に確認しておきたいポイントとして、以下の4つがあります。

1.しょうゆやボールペン、カレーなど、種類によって染み抜きの方法は変わってきます。シミの性質ごとに合った落とし方があることを覚えておいてください。

2.できるだけ早く処置をしてください。また、シミが取れた後は水ですすいで自然乾燥させるか、洗濯するようにしましょう。

3.洗剤を使った方法もあるので、こぼれてもいいように下に乾いたタオルや布を必ず敷いてください。

4.今回は「綿」の洋服を使って実験しています。他の生地にも同じ効果があるか分からないので、ナイロンやポリエステルのシミ抜きをする際は自己責任でお願いします。

素早くシミを取ろう!しょうゆ編

DSC04444
まずは、しょうゆのシミ抜きを効果性の高いものから紹介していきます。こちらの方法はコーヒー、ジュース、ワイン、血液などのシミにも使えます。

しょうゆを取る方法 BEST1→水&歯ブラシでたたく

DSC04447
【用意するもの】 
・乾いたタオル
・いらない歯ブラシ
・水
・中性洗剤もしくは台所洗剤


まずはじめに、乾いたタオルを何回か折って、シミがついた洋服の下に敷きます。

そして、水のついた歯ブラシでシミの周辺から中心に向かってトントンと叩いてください。そうすると徐々に下のタオルにシミが移っていき、最終的には綺麗にシミをとることができます。

シミがうまく取れない場合は、中性洗剤もしくは台所洗剤を歯ブラシにつけて同じように叩いてみてください。

しょうゆを取る方法 BEST2→ドライヤー&漂白剤

DSC04467
【用意するもの】
・乾いたタオル
・ドライヤー
・漂白剤
・ゴム手袋
・綿棒

【注意事項】
・漂白剤などの酸性度が高いものは洋服を痛めてしまう可能性があります。最初は水で薄める、もしくは量をできるだけ少なくして様子をみましょう。どうしてもシミが取れない場合は、原液で試してみてください。

タオルを敷き、水で薄めた漂白剤を綿棒につけ、シミの部分に塗っていきます。

次にドライヤーで熱風を当ててください。この時、シミから10㎝ほどはなして10秒ほど加熱してください。

これを何度か繰り返すとシミが取れてきます。シミが取れたら、洗濯することを忘れずに。

しょうゆを取る方法 BEST3→タオルでたたく応急処置

DSC04454
【用意するもの】
・乾いたタオルもしくはハンカチ
・水

即効性はあまりないのですぐにシミが取れる訳ではないですが、外出先での応急処置として使える方法です。水で濡らしたタオルで両面を優しく叩いて下さい。

完全にシミをとることはできないので、あとは洗濯機に任せましょう。

素早くシミを取ろう!ボールペン編

DSC04474
続いては、油性のシミ。よく、ボールペンを落としてシャツが汚れてしまうことってありますよね。食用ではない油の汚れですので、取り方も特殊。

こちらの方法は口紅、ファンデーション、また食べ物だとチョコレートにも使えます。

油性のシミをとる方法 BEST1→洗剤&タオルでたたく

用意するもの
・乾いたタオル
・中性洗剤

タオルを敷き、中性洗剤をタオルや布の先に少量つけ、根気強く叩いてみてください。シミがとれたら水でそそいで洗濯しましょう。

油性のシミをとる方法 BEST2→洗剤&歯ブラシでたたく

DSC04479
【用意するもの】
・乾いたタオル
・歯ブラシ
・洗剤

タオルを敷き、中性洗剤を歯ブラシにつけ、トントン叩いていきます。しょうゆ編と同じやり方なので、下のタオルにシミが移ればOK!

ただ、このやり方はしょうゆの時ほど効果はありませんでした。

油性のシミをとる方法 BEST3→スプーンで洗剤を練り込む

DSC04500-1
【用意するもの】
・乾いたタオル
・スプーン
・台所用洗剤
・綿棒

乾いたタオルを敷き、綿棒に洗剤をつけ塗っていきます。一通り塗ったら、スプーンで練りこんでいきましょう。練り込んだあとは水ですすいでください。水ですすがないと意味はないのでご注意を。

素早くシミを取ろう!カレー編

DSC04527
最後に紹介するのは最も厄介なカレーのシミ。

美味しいカレーも、服にこぼしてしまっては台無しですよね。食用の油汚れの対処法です。

食用油汚れをとる方法 BEST1→洗剤&歯ブラシでたたく

DSC04510
【用意するもの】
・乾いたタオル
・中性洗剤
・漂白剤

タオルを敷き、洗剤がついたタオルで叩いていくのは他のシミと一緒。

次に、水で薄めた漂白剤をシミにたらします。10分ほど待ち、水で洗い流してください。写真のように綺麗にシミをとることができます。

食用油汚れをとる方法 BEST2→洗剤&もみほぐす

DSC04501
【用意するもの】
・乾いたタオル
・台所用洗剤

こちらもかなり効果がありました。タオルを敷き、シミの部分に台所洗剤をたらしていきます。5〜10分ほどまつと油が浮き出してくるので、両指でつまんでもんでください。

シミがとれたら水でそそぎましょう。

食用油汚れをとる方法 BEST3→そのまま干して洗濯する

DSC04555
【用意するもの】
・特になし

カレーがついた箇所をそのまま「天日干し」して、カラッカラになったらすぐに洗濯するという、ちょっと驚きの方法。日光に直接あてることでカレーの油が分解され、洗濯で落ちやすくなるということでした。

1日干した後に洗ってみましたが、確かに洗濯で落ちやすくなっていました。

自宅にあるものでカンタン応急処置!

以上、今回はしょうゆ編、ボールペン編、カレー編のシミの取り方を紹介しました。いずれも自宅にあるものでパパッとできるはずなので、慌てず落ち着いて実践してみてください。

また、シミが取れた後も安心せず、念のため水でそそいで自然乾燥させるか洗濯機に入れることを忘れずに!

この記事をシェア!