【日本大学編】現役日大生に聞いた!一人暮らしするならこの駅(エリア)がおすすめ!

Train tracks at Ochanomizu

大学生活がリアルに充実するか否かは、住む場所によって決まると言っても過言ではありません。

今回は現役の日本大学(以下:日大)理工学部生に「一人暮らしをするなら、どこに住むのがおすすめか?」インタビューを実施!

人気の最寄り駅は、いったいどこでしょう?

これから入学前に住む場所を決めるという人も、すでに大学生でこれから引っ越しを考えているという人も、ぜひ参考にしてみてください。

第1位 船橋日大前駅

funabashinichidai01
日大理工学部生の大多数が、キャンパスライフを船橋駅から始めるので、キャンパス最寄りの「船橋日大前駅」が一番人気のエリアに。
学生の多い街なので、スーパー・コンビニなど、暮らしのための利便性はかなり整っているようです。
また、家賃も東京よりの千葉では比較的リーズナブルなので、「選びやすい」場所だとの声が多く寄せられました。

モトサカさん・男性
船日はとにかく大学へのアクセスが良い。家賃4万4千円のマンションに住んでいます。
ハルさん・女性
家賃6万5千円の1DKのマンションです。オートロックとアクセス、バス・トイレ別かどうかを重視しました。

第2位 北習志野駅

船橋キャンパスの“西門”に特にアクセスが良いのが「北習志野駅」周辺エリア。

北習志野駅は新京成線東葉高速線が乗り入れており、接続駅となっています。
こちらのエリアも日大生が多いので、暮らしに不便なく暮らせそう!

さらに、船橋日大前駅エリアよりも、家賃がリーズナブル!!

N.Oさん・女性
アクセスが良く、家賃も安い。4万円で1Kのアパートに住んでいます。
かねいさん・男性
日当りの良い家だったのでここに決めました。家賃は3万7千円で1Kのマンションです。
Fotolia_70299740_Subscription_Monthly_M

第3位  御茶ノ水駅

Train tracks at Ochanomizu

グッと家賃の相場も高めな御茶ノ水駅ですが、3位にランクイン。

JR線東京メトロも使える、都心部で治安も良いのでさすがに家賃は高くなりますが、駿河台キャンパスへ徒歩で行ける、便利でオシャレな街、というキーワードで選ぶなら、御茶ノ水駅が正解!だそうです。

のすんさん・男性
家賃は9万円。1Kのマンションです。とにかくキャンパスから近いところを選びました。
ねっとさん・男性
学校が徒歩圏内のマンションにフォーカスしました。家賃は9万4千円。間取りは1Kです。

第4位 新小岩駅

新小岩駅は、御茶ノ水へのアクセスがよく、暮らしの利便性も高いそうです。

駅前にはスーパーやコンビニ、薬局、カラオケ、居酒屋など、下町っぽい雰囲気の街になっています。

わたさん・男性
学校とサークル活動の中間地点の場所で探しました。家賃7万円の1Kのマンションに住んでいます。

その他は小岩、両国、新津田沼など!

そのほかには、「小岩駅」や「両国駅」、「新津田沼駅」などが挙りました。

家賃を抑えることを考えると、大学もより駅から2〜5駅の範囲内でより安いところを・・・というのがポイントのようです。

smiling female college student sitting  with classmates

いかがでしたか?

日大の理工学部は、学科にもよりますが、1年生が船橋キャンパス、2年生以降が駿河台キャンパスに移動する人が多いようですね。

移動を見越して、中間の立地を選ぶケース、引っ越しを想定して船橋キャンパス付近に住むケース、結局引っ越さずにずっと同じところに住むケース・・・
などなど、みなさんそれぞれ一人暮らしの住まいを決めています。

あなたはどこに住みたくなりましたか??

この記事をシェア!