【明治大学編】現役明大生に聞いた!一人暮らしするならこの駅(エリア)がおすすめ!




大学生活がリアルに充実するか否かは、住む場所によって決まると言っても過言ではありません。

今回は現役の明大生に「一人暮らしをするなら、どこに住むのがおすすめかインタビューを実施!

それでは、明治大学生に人気の一人暮らしスポットランキングを発表します♪

1位・・・「下高井戸駅」

t05_030
和泉キャンパスから学生生活が始まる場合、京王線沿線に住むのがどうやらベストアンサー、というところ。

キャンパスの周辺となると、家賃が割高になってしまいますが、下高井戸駅周辺は家賃もリーズナブルでかつ、大学へのアクセスもよく人気のエリア♪

商店街が充実していて生活にも便利な上、キャンパスのある明大前へ一駅です。

ゆーちゃんさん
下高井戸のアパートに住んで3年目です。間取りはワンルーム。家賃は5万9千円です。
おちさん
下高井戸のアパートです。ワンルーム8畳です。家賃は、少し部屋がひろいぶん6万3千円のところにしました。

2位・・・「調布駅」

下高井戸と同じく、京王線沿線の調布駅も人気。

駅前にはパルコ東急ストアがあり、生活の利便性も高いエリアです♪商店街がありそれなりに賑やかですが、治安もよく住みやすいエリアとのコメントが多数。

都心へのアクセスも良好で、家賃の相場もワンルームで5万5千円と、比較的リーズナブルです。

ともさん
調布のマンションに住んでいます。6畳ワンルームで、家賃は3万4千円です。キャンパスは移りましたが、便利で住みやすいので結局ずっと調布に住んでいます。
tatsuさん
家賃が安かったので調布にしました。家賃は4万9千円の1R6畳です。駅からアクセスが良いので住みやすいです。

3位・・・「生田駅」

理系で生田キャンパスに通学する学生も多いため、生田駅周辺エリアに住む人が多いようです。

周辺は住宅街のため静かで治安もよく、他大学の学生も多いため、学生向けの飲食店や物件も充実しています。
坂道が多い、という声もちらほら聞こえたので、そこはややネックのようですが、基本的には住みやすいエリアだそう。

TAKAさん
生田駅から徒歩で生田キャンパスに通っています。間取りは1K。家賃は5万1千円です。
ととさん
生田駅で1K、5万9千円です。家には寝に帰るだけなのでいいかなと。





この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し