布団の裏側カビ大丈夫?梅雨だけでなく台風の時期も気をつけたいカビ対策

Fotolia_90725913_Subscription_Monthly_M

梅雨の季節は最悪ですよね。毎日のように雨が降り、湿度が高いため髪の毛のセットも上手くいかない。何かとストレスが溜まる時期だと思います。そんな時こそフカフカのふとんでぐっすり寝て、ストレス発散したいものです。

しかし、一人暮らしだとなにかと忘れがちなのが布団のケア。

とくに梅雨の時期は湿度が高いためカビが繁殖しやすく、もしかしたらあなたのふとんの裏にも大量のカビが繁殖しているかもしれません。

ここでは、ふとんにカビが繁殖しないための予防策を紹介していきます。

布団にカビが繁殖するのは温度と湿度

633cde0689afe051d7fb3aca7db07f30_s
そもそもなぜ、カビは繁殖してしまうのでしょうか?

カビは、部屋の温度が「20度」以上、湿度が「65%」以上の環境下で増殖するといわれています。

このような状況で
・寝ている間に汗をかく
・フローリングの上に直接ふとんを敷いている

とカビが大量に繁殖し、ふとんの裏側は悲惨なことになってしまいます。

人間は寝ている間に大量の汗をかくといわれており、とくに若い人は新陳代謝が活発なので、通常よりも多くの汗が布団に染み込んでしまいます。

その状態でふとんを放置してしまうと、湿気がたまりにたまってカビが生えやすい環境を作ってしまうのです。しかも、マットやカーペットにもカビは繁殖し、最終的にはフローリングにまでカビが生えてしまうのです。

布団のカビは、害がある!

b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s
ふとんにカビが生えてしまうのは、衛生上よくありません。

カビを放置すると、
・皮膚や肺の病気になる
・アレルギーの原因になる
・カビ中毒になる

ともいわれています。

そもそもカビとは菌類の塊。それが目に見えるほど集まって布団についているわけですから、体にいいはずがありません。

とくに、カビ中毒に関しては本当に危険でほうっておくと、激しい痛みや吐き気におそわれ、中には発がん性を含んだカビもあるため、ガンになる可能性もあるのです。

ちょっとくらい汚くてもいいやと思っていると、恐ろしい事態をまねいてしまいます。

カビから布団を守ろう!

DSC02749

たしかにカビは怖いですが、予防策をきちんと取っていれば繁殖することはありません。

■予防策その1:すのこを敷く

すのことは竹・細板などにすきまをあけて並べた床のことで、最近では布団サイズのものが市販で売られています。
これを布団の下に敷くことによって、風通りを良くし、カビができにくい環境を作ることができます。
また、木の折りたたみベットも同じ効果があるのでおすすめです。
しかし、値段が高いといったデメリットもあります。

■予防策その2:カビ対策グッズを使う

除湿シートや吸湿マット、スプレーといったカビ対策に有効な商品はたくさんあります。
その中でも除湿シートはとても優秀なグッズで、ふとんの下に敷くことで水滴を吸湿し、どんなに湿気がひどく、大量の汗をかいてもサラサラ感を保ってくれます。
毎日取り替えるわずらわしさはありますが、値段は良心的なので、学生さんにオススメの予防策です。

■解決策その3:部屋の換気をよくする

主婦じゃないんだから、カビ対策のためにお金なんて使いたくない。
そう思ったならば、部屋の風通しをよくして、常に換気を心がけましょう。
ふとんを裏返したり、持ち上げて風を通すだけでもカビの繁殖を防ぐ効果はあります。
また、お日様の力は偉大です。2週間に一回くらいでもいいので、定期的に屋外で布団を干しましょう。

カビなし布団で快適な睡眠

カビが繁殖する理由から予防策まで、今回はカビからふとんを守る方法を紹介しました。睡眠は人間にとってとても大事なことです。
梅雨の時期でも、常にふかふかで綺麗なふとんで熟睡しましょう。

この記事をシェア!