【一人暮らし実態調査Vol.7】先輩から学ぶ、引越しを決意した瞬間

be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_m

憧れの新生活や一人暮らしはあっという間。新生活も慣れてきて気付けばもう初夏にさしかかり、大学生や社会人になって初めての夏を心待ちにしているなんて頃かと思います。

さて、初夏の時期はじつは“第二の引っ越しシーズン”と言われているのをご存知ですか?

これは最初の住居が期待していたのとは全然違ったり、不満があったりした結果、はやばやと引っ越しをしてしまう人が多いためなんだとか。
その不満とはどんなものなのでしょうか? 今回はレオパレス21調査をもとに、引越しを決意した瞬間をまとめました。

部屋に不満ある人って多いの?

ab168d581cba4dc2a612426478258be4_s
さて、あなたは今の部屋に満足していますか?

あなたが一人暮らしだったとしたら、「適当に物件を選んだ」のであれば不満も出てくるでしょう。あるいは、部屋をとにかく吟味した人であっても、実際住んでみたらちらほら不満が見つかることもあるかも。

一方で、住めば都と言いますし、不満というほどのものはないという人もいるでしょう。

では全国ではどれくらいの人が不満に思っているのでしょうか?  調査結果はこちら。
graphuman.001
調査によると、現在の部屋に不満を持っている人が69.4%も。3人に2人以上が現在の部屋に不満を持っているという結果でした。

部屋の何が不満?

では、不満に思っている人は具体的にどこがイヤなのでしょうか?

全国の一人暮らしをしている未婚の社会人男女600人に対して、「いま住んでいる部屋を不満に思いますか?」というアンケートをした結果から、そのベスト5をご紹介します。

第1位:部屋が狭い(44.0%)
第2位:家賃が高い(37.5%)
第3位:騒音がうるさい(27.6%)
第4位:建物の劣化(古い、汚い)(26.2%)
第5位:最寄駅からの距離(13.9%)

 

不満に思っている人のほぼ2人に1人は「狭い」ことを不満に上げています。内見のときは広く見えても、家具や生活必需品を置くとそれだけでいっぱいになりがち。部屋を選ぶときには、ものが増えることを前提にして選ぶといいのかもしれません!

また、建物の古さや家賃など、住む前に調べれば分かることがちらほらあります。「住んでみると感覚が全然違った」ということなのでしょうか?

ただ、このなかで「騒音がうるさい」というのは実際に行ってみないと分からない点。ネットで調べただけでは痛い目を見るかもしれないですね。

引っ越しを考えるほどの人ってどれだけいるの?

ここまで見てきて、部屋を不満に思っている人が実は多く、どんなことを不満に思っているのかも分かりました。

続いては、実際に引っ越しを考えている人の割合はどうでしょうか? 結果はこちら。
hikkoshigraph-1.002

アンケートの結果、37.2%の人が実際に引っ越しを検討しているようです。その中でさらに、「引っ越しの予定はいつ?」という質問をしたところ、結果はこちら。
hikkoshigraph-1.003

半年以内に引っ越しの予定がある人も37.2%でした。

つまり全体の13.8%、約9人に一人が、新生活始まって最初の初夏の段階で、半年以内に引っ越す予定を立てているようです
一般的には「大学生活4年間は、同じ部屋にずっと住む」「社会人になったら数年間は同じ部屋に住む」というイメージからすると、非常に多いように感じますね。

ちょっと珍しい引っ越しの理由あれこれ

afb30c9310f6dfcb3a823f63522b36eb_s
最後に、一般的ではないですが面白い引っ越しの理由をご紹介したいと思います。

■こんな理由1・ルームシェアのために引っ越し

新生活の中で意気投合し、ルームシェアを決めたという理由です。たいていはどちらかの家が広く部屋があまっているときに、誰かを誘う形式が多いです。

気が合う仲間といきなり出会えるというのはとてもうらやましいですが、そこで一人暮らしの部屋を解約するのはすごい行動力ですね!

■こんな理由2・楽器の演奏のために引っ越し

これまで全く楽器に触れてなかった人がバンド活動を始めて、自宅でも全力で打ち込むために一室が防音設備の家に引っ越したという理由です。

家賃はもちろん割高にはなりますが、スタジオを借りるよりはるかに安いということで、ミュージシャンの友人も頻繁に練習しにくるそうです。努力が実るといいですね!

■こんな理由3・仕事が充実しているために引っ越し

新生活のために住居を借りたはいいものの、仕事が充実。毎日家に帰っても寝るだけで逆に広すぎる部屋を持て余しているという人が、もっと狭くて家賃のかからない家に引っ越したという理由です。狭いぶん、職場に近い立地にすることもできるかも。

狭い部屋に引っ越す、と聞くともったいないような気もしますが、浮いた家賃を貯金や趣味、人と会って遊ぶときに回せるため、その人に向いている良い方法に思えます。

これからのお部屋選びの参考に!

以上、引っ越しの理由をお伝えしました。
調査からもわかるとおり、多くの人が部屋に不満を持っています。部屋は隣人や生活環境によって大きく、感じ方も変わります。

これから部屋探しをするという方、是非この記事で取り上げたような不満を抱かなくて済むよう、事前にできる限りのことを調べてから物件を選んでみてください!

出典:-第二の引越しシーズン到来! ひとり暮らしと住み替えに関する実態調査-ひとり暮らしの約7割が自分の部屋に不満!不満の理由トップは「部屋が狭い」、4割以上が回答

この記事をシェア!