一人暮らしするなら揃えておきたい100均グッズ・食事編

スプーンとフォーク

春からいよいよ始まる一人暮らしで、「家事とか自炊とか全然できないけど、どうしよう!」という悩みは誰しもが持つものです。また、「自炊用品を買うにも、お金が足りないかも!」という不安があるかもしれません。

そこで心強い味方が、100円均一ショップ。今回は、多くの100円均一ショップで売っている「はじめての一人暮らし役立ちグッズ」をまとめました。

茶碗などの食器類はこれをそろえよう!

pixta_17369163_M
実家ではしょっちゅう使っていたはずのあんなものやこんなものが、自分で揃える段になると意外と頭から抜けていた……よくあることです。料理中の肝心なときにあれがない、なんてことにならないように、今のうちに忘れられがちな台所まわりの必需品をおさらいしておきましょう。

まずは「深皿」。自炊の定番メニューといえばカレーやパスタですが、普通の平皿では崩れたりはみだしたりしてしまうことが多く、キッチンから居間まで持っていくのも一苦労。大は小を兼ねる、とも言いますし、底が深めのお皿は数枚用意しておくのが吉です。

次に「キッチンばさみ」。包丁を持ったことのない人はいるかもしれませんが、はさみを握ったことのない人はさすがにごくわずかでしょう。要は切れればなんでもいいんです。肉も野菜も、よほど堅いものでなければこれ一丁でスパッと解決!

あとは「ザル」。基本的には水気を切るという機能しかありませんが、実はこの作業が料理にはとても多いんですね。野菜を洗ったり、麺を湯切りしたり。ぜひ一つは持っておきましょう。

ふりかけパスタは美味しくて節約できる!

pixta_19279653_M
パスタにかけるだけで、あっという間にメニューが完成するふりかけや、具材だけが入ったパックが売られています。

たとえば、「お吸い物パスタ」、ご存知の方もいるのではないでしょうか。そう、あのCMでやっていた、松茸のお吸い物の素とバターをパスタに和えるだけという、超お手軽アイデアレシピです。しかもこれがおいしい! 麺とお吸い物一袋とバターひと欠片だけで、あっという間に本格和風パスタが完成……驚きを隠せません。

また、ちょっと豪華にシーチキンなどの具材を入れたものも100円ショップを探して手にいれることができます。

最近はこうしたいわゆる「ふりかけパスタ」なるものが巷で大人気。多くのレシピの根っこはどれも一緒で、要するに「濃い目に調味された粉末状のもの」に加え「バターやマヨネーズなどの油分」、これだけです。

のりたまやかつおみりんなど、ごはん用のふりかけはどれも鉄板のおいしさですし、変わったところではお茶漬けの素というのも面白いですね。今は食料品も100均で取り扱われている時代ですから、材料はほぼすべて100円ずつでそろえられるはず。自炊初心者にはうってつけのこの料理、ぜひ試してみてください。

余ったごはんやおかずは保管!

保存容器
毎日欠かさず自分で三食用意するというのは、時として予想以上にしんどいもの。炊飯器は開かなくなり、フライパンは棚にしまいこまれ、あれよあれよとカップ麺生活に……

自炊はメリハリも重要です。やれるときにやっておいて、したくないときには無理をしない。そのために必要なのが、ストックづくりです。

例えばごはん。多めに炊いておいたごはんの残りをしばらく常温で置いて冷ましてから、お茶碗サイズの小分けにしてラップに巻いて冷凍庫にポイ。あとは電子レンジがあれば、二週間くらいならいつでもあたたかいお米が食べられます。

おかずもやはり作るときに多めに作っておくのがいいでしょう。タッパーをあらかじめ買っておいて、冷ましたおかずの残りを詰めたら冷蔵庫にポイ。深皿に盛って上からラップで閉じておくだけでも、2~3日は日持ちするはずです。

要するに、「ラップ」と「タッパー」は自炊生活の必需品。これらもぜひ用意しておくことをオススメします。

上で紹介したお役立ちグッズたちは、すべて100円均一ショップで手に入るものばかり。日本各地にあるので、引っ越した先ですぐ見つけられるのもうれしいですね。

一人暮らしの強力な助っ人として、あなたも活用してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア!