【基礎知識】知っておくべき常備薬こと3つ

一人暮らしで特に大事なのが、体調管理。もし風邪になったりしてしまうと、世話をしてくれる人がいないからです。「風邪かな?」「調子わるいな」と思ったらすぐに対処できるように常備薬を揃えておくのがオススメです。

一常備薬の基礎知識

pixta_18385372_M

1. 飲む量は絶対に守って!

風邪を早く治したいから「食後一錠ずつ」と指定されているのに二錠飲んでしまう。こういった数を無視する行為は絶対にしてはいけません。薬の数は、規定の量を守って飲みましょう。

2. 水で飲みましょう!

常備薬は薬でのみましょう。よく寝れるから、水よりもジュースの方が好きだから、という理由で他の飲み物で飲んではいけません。薬は水で飲まれていることを想定して作られているのためです。

3. 複数の薬を飲むときは細心の注意を!

昨今のドラッグストアには薬剤師がいるところも少なくありません。複数の種類の薬を服用したい場合や不安な点がある場合にはそういったドラッグストアで相談したうえで購入・服用するようにしましょう。

動くのも大変な風邪の時のために家に置いておきたい食べ物・飲み物

pixta_13024435_M
ひどい体調不良になってしまった場合、食欲はほとんど無いし料理なんてとてもできないという状況も考えられます。そんな時のために必要なものを家にキープしておきましょう。

・レトルトのおかゆ

消化に良く、体が温まるおかゆは風邪のときに良いですが、さらに賞味期限が1年以上と長いレトルトのおかゆは買い置きができるため、うってつけです。

・スポーツドリンク

風邪になると発汗量が普段よりも多くなります。そのため水分の補給をしてやらなければならないため、吸収の早いスポーツドリンクが良いのです。また甘さもあるため飲みやすいのも嬉しいポイントです。

いかがでししたか。
普段から規則正しい生活と、適度な運動を取り入れて、風邪に負けない体作りをすることも大切です。

この記事をシェア!