ユニットバスでもお湯に浸かりたい!バブルバスを使って極上バスタイムに

pixta_2415774_M

ユニットバスの悩み、ありませんか?
湯船であったまってから体を洗うと湯冷めするし、お湯を張る前に体を洗うには寒い……。そんなユニットバスでゆったり気持ち良く入浴するにはどうしたらいいのか、悩む人も多いはず。
でも、実はアイテムと入浴方法の工夫ひとつで、ゆたかなバスタイムにできちゃうんです♪
自宅がユニットバスの人も、ホテルがどうも苦手……という人必見です!

ユニットバスの一般的な入浴法

そもそも、ユニットバスってどうやって入っている人が多いの?

というのも、なかなか聞く機会がないもの。お湯を張るのが面倒で、シャワーだけという人も多いようです。
シャワーカーテンをバスタブの内側に入れて、端から端まで届くように閉じます。最初にカーテンの裾の部分にシャワーを当てて、バスタブにぴたっと貼り付くようにしてしまうのがオススメ。カーテンが動かなくなり、水が外に漏れにくくなります。

「健康のためにも、お湯に浸かりたい」

どうしてもお湯に浸かりたい…そんな人も多いのでは?まずは一般的な方法を紹介しましょう!

1)熱めのお湯をバスタブにためる
追い炊き機能がなくても熱いお湯につかれるよう、まずお湯をためてしまいましょう。

2)お風呂に浸かりながら髪の毛を洗う
お湯がたまったら、つかります!体をあたためながら、同時に髪の毛を洗ってしまいます。
こうすることで湯冷めしにくくなります。

3)お湯を抜きながら髪の毛を流して身体を洗う
髪の毛を洗い終わったらお湯を抜きつつすすぎ、そのまま体も洗います。

4)バスタブの掃除を忘れずに!
一通り髪の毛と体を洗えたら、お湯もほとんど抜けていることでしょう。
最後にさっとバスタブを掃除して終了です。カーテンがカビやすいので冷水などを掛けておくとよいでしょう。

解決のヒントはバブルバス!

でも、「どうせならもっとゆったりバスタイムを楽しみたい」という人もいるはず。
お湯を抜きながら体を洗うとその間はせわしないし、少し湯冷めもしそう。そんなときにオススメなのが、バブルバスなんです。

バブルバスは、雑貨店などで入浴剤などと一緒にバスグッズコーナーで売られているアイテムです。液体だったりさらさらとした粉だったり石けんのような固形だったりと形状はいろいろありますが、このアイテムはなんと、入浴剤とは違って体を洗うことができる、いわば石けん洗剤のようなものなんです。
香りも色も様々で、かわいいデザインの商品が多いのも特徴。「入浴剤がバスタイムの楽しみ」という方にはぜひ試してほしいバスグッズです。

バブルバスのオススメの使い方

pixta_2425569_M
好みの香りのバブルバスを購入したら、さっそく使ってみましょう。
バブルバスをするときは先に髪の毛などは洗ってしまうことをオススメします!

パッケージに書かれている使用量を確認して、それをお湯をはったバスタブに入れます。
ポイントは、少し浅めにお湯を張ること。そのほうが泡ができやすく、本格的なバブルバスが楽しめます。
液体や固形など、商品によって分量が違うので、きちんと確認するのが大事です。

お湯を入れて全体に行き渡るように軽くかき混ぜたら、シャワーをあてます。
ここでのポイントは上から当てるのではなく、お湯の中にシャワーヘッドを入れて下からお湯を出すのがポイントです!
このシャワーによって泡がもこもことできてくるので、ここでいっぱいふくらませてしまうのがオススメ!
商品に泡の作成方法が書いてある場合はそれに従ってくださいね。

あとはゆったり、楽しんで

pixta_13623858_M
十分な泡がたったら、お湯にゆっくりと入りましょう。あまり激しくばしゃばしゃとお湯を動かすのではなく、ゆったり肌になじませると、泡が長持ちしてくれます。
脚や腕は特に、ふだんの石けんよりもなめらかに感じられるかも。保湿成分などが配慮された商品が多いのも嬉しいところ。

半身浴として、本や雑誌を読みながら長めにつかるのもおすすめ。
香りも、ココナッツ、トロピカル、ラベンダー、ローズ、オレンジなど、さまざまなものが販売されているので、飽きずに違う楽しみ方ができるのも嬉しいところです。寒い時期、特にこころと体をほぐしてくれる癒しのバスタイム。

最後は、最初に紹介した方法と同じようにお湯を抜きつつ体についたバブルを軽く洗い流せばOK!

あなたのお気に入りのバスバブルを見つけて、ほっこり快適にユニットバスを楽しんでみてください!

この記事をシェア!