初めての引越し!一人暮らしの荷造りと荷解きが簡単になるコツ

move. lots of cardboard boxes in an empty new apartment

初めての一人暮らし…初めての引っ越し…
引越しの荷物の運搬はなれない作業でとても大変です。
今回はその面倒を少しでも改善すべく、荷造りや荷解きのポイントをまとめました。

引っ越し前(荷造り)編

SONY DSC
まず準備物を揃えましょう。必要なものはこちら。
□ 段ボール
□ 新聞紙
□ ガムテープ・セロテープ・ビニールテープ
□ カッター・はさみ
□ ビニール袋・ラップ・輪ゴム
□ 油性ペン
□ 掃除用具

やる気を出して準備を始めたのに後で「足りなかった!」となると、買いに行くのが面倒ですし、やる気も失せてしまいます。しっかり気合を入れて、準備は一気に終わらせましょう。
あとは荷物を箱の中に詰めて、何を入れたのか油性ペンでしっかり記入していけばOKです。
ただし何点か注意点があるので、それをご紹介します。

(1)使う場所ごとに箱に入れる

ただ闇雲に物をダンボールに入れるのではなく、「本棚用」「キッチン用」「玄関用」などと場所ごとにダンボールに詰めていきましょう。ダンボールの外側には、・何が入っているか と ・どこに置くのか のメモをしておくと荷解きがスムーズになしますよ!

(2)重い物は小さな箱に入れる

重い物は多く入れてしまうと段ボールの底が抜けてしまうので気を付けましょう。また、軽いものは大きな箱に入れるようにすれば箱の大きさで中身が判断できてGOODです。

(3)普段使ってない物は余裕を持って早めに荷造り

布団など引っ越しの前日まで使うものはギリギリに荷造りせざるを得ませんが、あまり読まない本などは別にギリギリに荷造りする必要はありません。余裕を持って事前に荷造りしましょう。

(4)頻繁に使うものは別に荷造り

引っ越す前日まで荷造りできないようなものは、引っ越した当日から使うものが多いでしょう。そのため別に荷造りし、特に注意して分かりやすく表記・区別しておきましょう。また、引っ越し業者に頼むと時間がかかってしまう場合、それだけ自分で運ぶというのも考えなければいけません。

(5)不用品の処分も検討

引っ越しの機会というのは自分が持っているもののすべてを再確認できる貴重な機会ですから、持ち物の整理にはうってつけです。ムダなものを減らせばその分荷造りするのも楽になりますから、思い切って整理しちゃいましょう。

引っ越し後(荷解き)編

pixta_2180331_M
引っ越しが終わると後半戦。大移動はそれだけでも疲れますし、引っ越し業者への対応、大家さんやご近所さんへのあいさつなど疲れることのオンパレードだったかと思います。しかしまだ目の前には段ボールの山が……。
これさえ終われば快適な新生活のスタートです。あとちょっとだけ頑張りましょう。少しでも楽できるよう、荷造りのポイントをご紹介します。

(1)まず段ボールを必要な場所に移動

荷造りの段階で既にある程度のまとまりごとでしているはずですから、段ボールを全て解体してから中身を移動するのではなく、まずは段ボールごとキッチンやお風呂場の前、クローゼットなど大まかな場所に移動させましょう。これをするだけでもかなり整理が進んだ印象を得られますし、乱雑な段ボールの山を崩すよりもモチベーションが上がりますよ。

(2)段ボールを開ける順番は考えて!

荷解きを始めてそのままその日だけで終わらせられればいいのですが、引っ越しは疲れるものですから途中で嫌気がさしてしまうこともよくあります。そこで無理に続けても適当になって変な場所に置いてしまったり乱暴に扱って壊したりしてしまいかねません。疲れを感じたときにそこで中断して休めるよう、すぐに必要なものから開けるようにしましょう。

(3)段ボールは一気に開けない

段ボールを片っ端から開けてしまうと、やらなければいけないことが多くなりすぎて途中で今自分が何をしているのかが分からなくなってしまいかねません。段ボールごとに荷解きして整理して、ということを繰り返す方がすっきりしていいでしょう。

pixta_14826939_M

まとめ

引っ越しは大変ですし、その中でも特に荷物のことは面倒で悩みの種です。がむしゃらにやろうとすると荷造りでも荷解きでも大変になってしまいます。きっちり整理しながらやった方がやることも分かりやすくなりますし、精神的にも楽です。
また、時間がなくてギリギリで準備をしようとなると結局がむしゃらに詰め込むことになりかねません。ぜひ、時間にゆとりのあるような準備の仕方をしてください。
余裕を持ち、楽しい新生活をスタートさせてくださいね!

この記事をシェア!