これでスッキリ!出しっぱなしになりやすいものに定位置を作ろう!




新生活の準備をする季節ですね!

新しい暮らしや場所、そして新しい部屋との出会い。

引越しがない方でも、年度替りは何かを変えたり始めたりするのに良い季節だと思います。

心地よい気温ということもあり、部屋の収納を見直すのにもぴったり!

今回は、ついつい出しっ放しになってしまうものにピントを当てたお話です。

ついつい出しっ放しを解決することで、「キレイをキープできる」という単純なことなのですが、

この単純なことから部屋のキレイが始まるのではないと思っています。

では早速出しっ放しを解決する方法をご紹介していきしょう!

ゴチャつく充電器の定位置を作る

ついつい出しっぱなしになってしまうものの1つが充電器。

スマホやタブレット、ノートパソコンなど、今の時代はとくかく充電するものが多いですよね 笑

充電が終わった後コンセントにさしたままにしてしまったり、テーブルに無造作に出されていたり。

コードが長い分出しっ放しにしてしまうとどうしても部屋がごちゃついて見えてしまいます。

そこで、持ち手付きのボックスを用意します。

部屋の中央に収納場所を作る

用意したボックスに充電器を入れます。

なるべく部屋の中心に位置する場所に収納場所を作るのがポイントです。

どこにいてもアクセスしやすい中央に収納場所を作ることで、使った後も元に戻しやすい。

よく使う場所が決まっていればその近くが良いですが、部屋のあちこちで使う場合はこの方法がオススメです。

リモコンの定位置を決める

充電器を収納したボックスの横はリモコンの定位置。

リモコンはボックスに入れず「ここに置く」という緩い収納スタイル。

使用頻度が高いものや、帰宅後に必ず使うものは手に取りやすさを重視します。

「リモコンがない!」と探すこともなくなりますよ。

細かい文房具類は引き出しに仕切りを作って

出しっ放しになるもの、そして無くしてしまうことが多いものといったら文房具ですよね!
私も今まで何度も経験しました・・・・

文房具は種類も多いし、数も多いので引き出しに収納して普段は見えない方がスッキリ。

ざっくりと収納する方が良いものと、細かく仕切った方が良いものがあり、

細かく仕切った方がいいなと思うのは文房具。

特に引き出しの中を「ざっくり収納」にしてしまったら最後・・・・

何が入っているのかを探すのも大変な状態になってしまいます。

細かい文房具は引き出しに仕切りをつけて収納。

引き出し用のトレーを組み合わせて仕切りを作ることで、物を戻したくなるようなきれいな収納に。

DMは厳選した後に専用の引き出しへ

自宅の玄関を開ける前にチェックするポスト。

必ずといって良いほど入っているのがDMやチラシです。

玄関を開ける前に、必要か不要かを判断して、不要なものはシュレッダーやゴミ箱へ。

不要なもので部屋が汚れるのは本当に嫌なもの。

必要なDMやチラシは専用の引き出しを作りすぐに入れます。

私は寝る前にチェックをすると決めているので、寝室の一角に収納場所を作りました。

毎日でなくても、3日1回、週末に、など決めて不要になったものは処分して

必要なものをバッグに入れるなど自分ルールを作ると引き出しがパンクすることもありません。

無くしてしまいがちな書類などの紙類。

ざっくりと専用の引き出しを作り、必要な時にすぐに手に取ることができます。

出しっ放しで来客に見られたくないものまで見られてしまうなんていうハプニングも避けられます。

今回は、出しっぱなしになりやすいものを集めて収納方法をご紹介しました。

定位置が決まれば部屋のきれいもキープしやすい!

まずはじめにここから始めることで、インテリアや使いやすい収納をスタートできます。

実は私がはじめに取り組んだことでもあります。

片付けの仕組み作りの基本かもしれません。

是非参考にして頂けたら嬉しいです。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し