見た目からほっこり♡ お部屋を暖かく見せるインテリア




整理収納アドバイザーの須藤昌子です。

インフルエンザもはやり始め、冬も本番と感じさせる寒さもやってきました。外は、とても寒いこの季節。だからこそ、お部屋の中は、暖かく見えるインテリアで気持ちから温まりましょう!

①クッションカバーを変えてみよう!

今まで使っていたクッションカバーを変えるだけで、暖かな印象にすることが出来ます。 このカバーを、もこもこ調のカバーへ変更。

ただ、これだけで、暖かく見えるのです。 触り心地も、マフマフで気持ちいい。

毛糸素材のカバーやフェルト素材のものなど、さまざまな種類のものが販売されていますので、お部屋の印象とお好みに合わせて、暖かくみせるクッションカバーを選んでみましょう。

②手ごろに変えるシープスキン

IKEAやニトリなどで販売されているシープスキン。

羊のやわらかな感じから、暖かさを感じることが出来ます。 さらに、座ったり、寝転んだりすると、羊毛に包まれるような暖かさを感じることが出来ます。

最近は、手ごろな金額で購入できるので、ちょっと、おしゃれ感も加えて暖かに見せるインテリアにチャレンジするのもよさそうです。

③アロマディフューザー

お部屋に一つあると、色々と使えるアロマディフューザー。

電気をつけると、暖かな印象の落ち着いた雰囲気を楽しむことが出来ます。 さらに、加湿器としても使え、アロマオイルを入れれば、香りも楽しむことが出来ます。 乾燥しがちなこの季節に、喉にも気持ちにも優しく働きかけてくれる、そんなグッズはおすすめです。

ちょっと取り入れるだけで、お部屋を暖かに見せることが出来るインテリアをご紹介させていただきました。 いかがでしたか? 少しでも、お役に立てると嬉しいです。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し