エアコンの乾燥対策!すぐできるちょっとオシャレな乾燥対策




整理収納アドバイサーの須藤昌子です。

北風が吹き、エアコンでお部屋も乾燥しがち。

乾燥すると、風邪をひきやすくなったり、お肌もカサカサになります。

乾燥する!というと、思い浮かべるのは、この2つ。

今すぐできる2つの方法

1つは、濡れたタオルを干したり、洗濯物を干す。

2つ目は、お風呂に水を貼った状態にし、バスルームのドアを開けて置く

こちらも、手軽にできる方法ですが、いつもとちょっと違う乾燥対策をご紹介します!

手作り加湿器① コーヒーフィルター

準備するのは、こちら。

コーヒーフィルターとコップなど水を貯めることが出来るもの、そして、10円玉。

水できれいに洗った10円玉を水の中に入れておくと、銅イオンで、殺菌・カビバクテリアの繁殖を抑えることが出来ます。よって、コップの中に、ぽんと入れておきます。

その中に、コーヒーフィルターを入れます。

す~っと水を吸って、あっという間に、加湿器が出来上がります。

加湿器として向いているのは、新聞紙などの吸水性が高い紙。 よって、コーヒーフィルターやキッチンペーパーなど、身近にあるものを使うことが出来るので、簡単に、乾燥対策することが出来ます。

コーヒーフィルターで手作り加湿器を作って冬の乾燥を撃退!その効果を検証してみた

2017.01.21

手作り加湿器② フェルト

100均などで販売されているフェルトも簡単に手に入れることが出来ます。 でも、どうせなら、素敵に仕上げたい!

そこで、セリアでこちらを購入しました。

デザインフェルト

いくつか、デザイン入りのフェルトが販売されていましたので、お好みのものを選んでみると、お部屋のアクセントにもなります。

文字の入った感じが素敵です。

大きなフェルトなので、好みの大きさにカットします。

そして、準備したのは、フェルト、きれいに洗った10円玉、ココット皿。(入れ物は、おうちにあるものでOK)

ココット皿に、10円を入れて、

水を入れた中に、フェルトを入れます。

寝室のベッド脇などに置くと、寝ている間の乾燥も防ぐことが出来ます。

ただ、乾燥対策するというだけではなく、使うものを選ぶだけで、おしゃれなお部屋のポイントにもなり、素敵に仕上がります。

フェルトは、吸水性が高く、水につけておくと、水を吸い上げるので、加湿器として適した素材でもあります。

いかがでしたか?

風邪予防にもなる保湿対策。

おうちにあるものを使って、そして、手ごろな100均で入手できるものを使っての簡単にできる乾燥対策ですので、ぜひ、試してみてほしいと思います。

風邪の流行っているこの時期、乾燥しないように、素敵に対策してみましょう。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し