ちょっとした荷造りのコツで引っ越しは早く終る!!




春は引っ越しシーズン。いろいろと忙しい時期ですし、急に入居先が決まってあわてて荷造りしなくてはならない場合も多いのではないでしょうか。できるだけ効率的に引っ越しを済ませられるように「荷造り」と「荷解き」のコツを紹介します。

●ダンボールに「持ち手」部分をつくろう


引っ越しの主役とも言えるダンボール。とにかくダンボールの中に物を入れていけば引っ越し作業が進んでいる感ありますよね。でも、四角いダンボールを抱えて移動するのはとても大変!中身が重いものばかりだとさらに辛くなります。

そこで、物を入れる前のダンボールに「持ち手」部分をつくっておきましょう。ダンボールのサイドに小さい穴を空けておき、手が入るようにしておきます。カッターでカンタンに開けられるので、箱型に組み立てをした時点で空けます。驚くほど持ち運びがラクになりますよ。

●出入りが多いドアは開けておこう


引っ越し作業の際は、同じ場所を行ったり来たりします。その時にいちいちドアを開け閉めしていては面倒ですし、何より荷物を抱えながらだと開け閉め自体できない時があります。そこで、ドアは開けっぱなしがオススメ。

開けっ放しにできないドアであれば、ストッパーを使って固定します。オートロックドアの場合は、オートロック解除ボタンを活用。日ごろあまり使わない機能なので、使い方はあらかじめ調べておくのも良いでしょう。マンションやアパートでは、管理人さんに相談しておく必要もあります。

●荷造りの道具はまとめて用意


当日、荷造り用の道具を揃えている時間はあまりありません。使いたい道具が見つからなくてあわてることがないように、事前にまとめて用意しておきましょう。

◇必要なもの

□ 引っ越しを手伝ってくれる人の分の軍手
□ はさみ
□ カッター
□ ガムテープ
□ ビニール袋
□ 輪ゴム
□ ダンボール
□ 新聞紙など

ガムテープやダンボールは特にたくさん使うので、余裕を持って用意しておきたいですね。せっかく友達や家族が手伝いに来てくれても、道具がなくて作業がとどこおってしまうと、その分荷造りや荷解きが遅くなってしまいます。チェック表を用意して漏れがないか確認し、道具類はまとめておくといいですよ。

●梱包したら中身をメモする


荷解きを迅速に行うためには、梱包したダンボールに何が入っているか外からわかるようにしておいてください。「どのダンボール」に「何が」入っているかわかれば、引っ越し先でどの順番に開ければよいかわかります。

早めに開けたいものか、後でも大丈夫なものかだけでもマークをつけておくと随分と荷解きが効率的になります。特に、引っ越し先ですぐに使いたいモノは一まとめにしておくと大変便利ですね。荷造りや荷解きを手伝ってくれる人にも、自分の意図が伝わりやすくなります。

●引っ越しは断捨離のチャンス!


引っ越しのついでに、必要ないものは処分を検討するのもおすすめ。引っ越しの際に、収納場所の奥から発掘されたものがあるはずです。こうしたものまで引っ越し先に持っていく理由があるか自分に問いかけてみてください。

持っていく本や洋服を絞れば、それだけダンボールの数も少なくて済みます。引っ越し業者を使う際も、荷物が減ればそれだけ料金も安くなる可能性があります。古くなった家電製品なら、思い切って買い替えるチャンスとも言えますね。いらなくなったものは、捨てるだけでなく売ることもできます。

引っ越しはとにかくパワーが必要。まして時間が無い時は余計大変になりますね。しかし、そんな時こそ、荷造りをする前に少し考えをめぐらせて、効率的に引っ越しを行いたいものです。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し