一人暮らしの部屋をキレイに保つためにクセにしておきたい11つのこと




せっかくの一人暮らし。“汚部屋”よりもキレイなお部屋に住みたいですよね。帰った時に部屋が散らかっていると思わずため息がでちゃいます……。

でも一人暮らしは、部屋をキレイに保つのは自分自身しかいません。放置していると部屋はどんどん散らかっていきます。逆に日常からちょっとした掃除のクセをつけておくと、時間や労力をかけなくてもお部屋がキレイに保てます。いつお客さんが来ても恥ずかしくないように「キレイに保つクセ」を実践してみませんか?ここではいくつか例を挙げていきます。

ものを置く定位置を決めましょう

(1)散らかしているのはあなた自身

定期的に掃除をしているハズなのに、なぜか気づいたら部屋ゴチャゴチャになってしまう……という方は、自分で散らかしている可能性が高いです。そして部屋が散らかる可能性が高い時は、たいてい「何かを探している時」です。

「電池どこにしまったっけな……」、「あれ?ハサミがない」といった具合に、「どこ」に「何」があるかを把握せずにいると、結果戸棚をあさったり、ケースをひっくり返したりしないと見つかりません。

小さなものを探すだけで、あなたの定期的な掃除の成果が一瞬で台なしです。「これはここ」、「あれはあそこ」といった具合に、自分で把握できる定位置を決めておいてくれれば、そんな事態は避けられます。

(2)同じ属性のものはまとめておく

定位置を決める際には、衣服、文房具、本、食器、貴重品といった、同じ属性でくくれるものはできるだけ同じ場所にまとめておきましょう。さらに細かく分類していき、「そこになければどこにもない」と言い切れるくらいに整理しておけば、見つける時間もほんの一瞬で済みます。

(3)使ったものは元の場所に返しましょう

使ったものを放置するなら定位置を決めた意味がありません。同じ属性のものをまとめているなら、ものが仲間のもとに帰りたがっている、くらいの意識を持って帰してあげましょう。意識しながらやっていると、だんだん片づけないと気持ち悪くなるくらいになりますよ。衣服も床やベッドに放り投げてしまわず、きちんとクローゼットに仕舞いましょう。

こまめに掃除をしましょう

(4)掃除をする時間が無い!…なんてことは無い

「忙しいからやらない」は、ほとんどの場合単なる言い訳です。確かにまとめて2~3時間とることは難しい時もあるかもしれませんが、食事をした後や、動画を見ながらゴロゴロしたり、お風呂上り、就寝前など、ほんのわずかな時間の隙間に掃除はできます。わずかな時間も積み重ねれば1時間にも2時間にもなります。周りの掃除が上手い人を思い出してみてください。その人は会話をしながらでも、サッサッっと手を動かしたりしていませんか?

(5)床やテーブルにゴミがあったらすぐに捨てるクセを

ショッピングをした後に出るゴミは、すぐにゴミ箱に捨てましょう。目に見えないゴミは掃除機で吸い取るしかありませんが、自分でつまんで拾えるくらいのゴミは、日ごろから注意して対処するクセをつけておきましょう。

(6)水回りは特に気を付けて!

特に注意をしておいて欲しいのは部屋の中の水回りです。キッチンや洗面所、お風呂といった箇所ですね。水気がある場所は菌が繁殖しやすく、カビにより汚れやすくなってきます。水垢を長い間放置しないように、こまめに掃除をしてください。生ゴミを放っておくとニオイがひどくなりますし、お風呂の排水溝につまった髪の毛も気づいたら取り除いておきましょう。浴槽の掃除も、入浴後に必ず行いましょう。

(7)電子レンジもこまめに掃除!

料理が得意な方でも不得意な方でもたくさん利用するのが、電子レンジ。だからこそ、内部は汚れがつきやすい場所でもあります。よく見ると温めた食材のカスや油などがこびりついていますね。放っておくと汚れも落ちず、加熱する際には汚れまで温めるため、なかなか温まらないなんてことにもなります。また当然汚れが多くなればニオイもひどくなります。

いらないものは買わないようにしましょう

(8)物をため込まないクセをつける

物が多くなれば必然的に収納場所に困ることになります。結果、クローゼットや引き出しに中に納まらずに物が溢れ出てきて、床をどんどん浸食していくことになります。物を買うのは楽しいことですが、使うかどうかわからないものまで買い込んでいると、あとで大変なことになります。
何か物を購入する際は、本当に必要なものかどうか、ちょっとだけ考えてから購入するクセをつけましょう。

(9)物を捨てる勇気を持つ

すでに部屋がもので溢れている、という方。その全てが人生で必要不可欠かつ使う物である、という場合を除き(その場合は引っ越しを検討するべきです)、いらない物を捨てる勇気を持ってください。

「いつか使うかも……」と思って何年もホコリを被っているようなものは、突き詰めれば「いらない物」になるのではないでしょうか?そうした物は捨ててしまうか、誰かにあげるか、あるいは売ってしまうことで、必要としている人に渡してしまいましょう。もちろん思い出の品や非常時用のものなどもあるので、キチンと自分の中で分別してください。

掃除を自分のスケジュールに組み込みましょう

(10)掃除は生活の一部

すでに掃除のクセができているなら別ですが、そうでなければまずは掃除に対して強い意志を持つことが大切です。そのため、1日のスケジュールに掃除の時間を入れてみるのをおすすめします。
おっくうだと思ったら、ほんの5分、10分でも良いので、必ず決まった時間に掃除をするようにしてみてください。毎日しっかり掃除を頑張っていると、その努力を無駄にしたくない気持ちもわいてきますよ。

(11)日単位、週単位、月単位で掃除の内容を決めてみる

ちょっとした掃除の習慣ができてきたら、掃除場所を定期的に変えてみるのをオススメします。同じ場所だけを掃除し続けるよりも、違った場所を手掛けることを意識することで、トータルでお部屋がキレイになっていきます。常に汚れがつきがちなテーブルやキッチン、トイレにお風呂といった場所の頻度は日単位で行い、目立たない家具やベランダ、玄関などの汚れは少し時期を週単位、月単位で定期的に実施していきます。

特に無理をしなくとも、ちょっとしたクセをつけるだけで部屋は見違えるようにキレイになっていきます。キレイになった部屋はとても快適で、できればその状態を維持したいと思えるようになっていきます。そもそも汚さなければ掃除する手間も少ないわけで、できる限り良い循環をつくるようにほんの少しだけ頑張ってみてください。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し