散らがりがちなキッチン道具を使いやすくする収納術




毎日、何気なく使うキッチン。使った回数だけ、フライパンやボウル、キッチンツールを出し入れするということですね。

収納の悩みが多いのは、使う回数が多い分、使いやすくしておかないとすぐにごちゃついてしまうということでしょうか。

今回は、取り出しやすく、仕舞やすい、リバウンドしにくいキッチン道具の収納をご紹介します。

使いやすいキッチンは、きっと料理のやる気もアップしますよ!

フライパンは重ねず立てて収納

大きいものから、小さいものへ積み重ねて置きたくなってしまうフライパン。

しかし、重ねてしまうと下のものを取り出す際に、上のものを取らないと取り出すことができません。

また仕舞う際も同じ動作をしなければなりません。

我が家では、無印良品のファイルボックスを使ってフライパンを収納しています。

そう、フライパンに1つ1つ部屋を作る感じです。

ちなみに同じタイミングで使うことの多い、蓋も一緒に収納しています。

使いたいフライパンを片手でさっと取り出すことができ、戻す時にもとっても楽!

1つ1つファイルボックスに収納すると、今よりもスペースが必要になるかもしれませんが、まず今持っているフライパンがすべて本当に必要なものなのかを

見直すことも大切です。

ボウルとざるの使いやすい収納

フライパンと同様、重ねて収納しがちなボウルやざる。

スタッキングできる商品なども販売されているので、重ねて仕舞いたくなりますよね!

我が家では、フライパンスタンドを使って、ボウルも立てて収納しています。

フライパンスタンドはニトリの商品で、収納したいボウルの幅に合わせて調整できるのでスッキリ収納できるところが気に入っています。

ボウルやざるもフライパン同様、必要以上の数を所有していることが多いのでこれを機会に、一度見直してみることをお勧めします。

キッチンツールは見せながら収納してインテリアを楽しむ

料理中に使うことの多い、キッチンツール。

我が家では、キャニスターを使って、見せながら収納しています。

気をつけていることは、たくさんの素材を収納しないこと。

私は、ステンレス製と木製のものが好きなので、この2つの素材でまとめて収納しています。

いろいろな素材のものを1つに収納するとゴチャついてしまうのですが、素材を厳選することで、スッキリ!そしておしゃれに収納することができます。

トレイやカッティングボードは、バスケットを使って収納

食卓を華やかに演出してくれるトレイやカッティングボード。

個人的に大好きなグッズなので、たくさん所有しています。

いろいろな素材や色のものがあるので、そのまま立てて収納すると

どうしても雑多に見えてしまう。

そこで、大きめのバスケットに入れて収納してみました。

バスケットにまとめて入れることで、見た目もスッキリ!

何よりも、取り出す際に雪崩を起こすことなく、すっと取り出せて、仕舞う際も、差し込むだけで簡単に収納することができます。

お気に入りのバスケットを使えばインテリアにも馴染むのでお勧めです。

キッチンタオルはボックスに立てて収納

手を拭いたり、食器を拭いたりと出番の多いキッチンタオル。

ボックスを使って立てて収納しています。

ボックスは、無印良品のファイルボックスのハーフサイズ。

実は2段重ねて使っているのです。

下には、カラフルなタオルを、引き出しを開けてすぐ目に入る上段にはシンプルなデザインのキッチンタオルを収納しています。

取り出しやすいのはもちろんですが、ボックスに収納することで必要以上に数が増えるのも自然と防いでくれます。

いくらでも入ってしまい引き出しに収納しておくと、いつの間にかパンパンになっていた!ということありませんか?

入る量を調整しておくのも、リバウンドを防ぐ大切な要素です。

キッチン道具の収納術、いかがでしたでしょうか?

毎日使う場所なので、気持ちよく物を使える環境にしておきたいですよね!

ぜひ取り入れていただけたら嬉しいです!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し