身近なもので効率よく!ビリっとくる静電気を防止する方法

寒い季節になると、ドアノブを触った際に不意にバチっと発生する静電気でいやな思いをしたことはありませんか? 乾燥した時期は体が帯電しやすく、その際に金属などを触るとあの「バチッ!」が発生します。

それを防ぐために、静電気防止スプレーといったグッズも販売されていますが、実は身近にあるものや、ちょっとした工夫でも静電気を防ぐことができます。静電気の知識をつけ、対策をつけておきましょう。

静電気が起きるメカニズム

物質は電気を帯びますが、その電気は+(プラス)と-(マイナス)のものがあります。

このふたつの量のバランスが取れていれば安定状態にあると言えます。ですが、強い力や摩擦などによってマイナス電気が取れてしまうと、プラス電気のみを帯びた状態(帯電)となります。衣服をまとう事が普通である人間には、摩擦によって帯電が起きやすいと言えます。

静電気は、人間が帯電した状態のプラスの電気が、マイナスの電気を持ったもの(金属など)に触れると、プラスの電気とマイナスの電気が結びつこうとして起こります。いわゆる放電状態です。

乾燥した環境だと湿度が下がり、身体の電気が空気中の水分を通じて逃げていきにくくなってしまいます。その為、静電気は冬に起きやすいとされています。

静電気が起きやすい素材・起きにくい素材

着る服の素材によっても、静電気が起きやすかったり、起きにくかったりします。

プラスの電気を帯びやすい素材には、ナイロンやウールといったものがあります。それに比べて綿や麻、レーヨンなどは、帯電しにくいという特徴があります。あまり静電気に悩まされるようであれば着る服の素材をチェックしてみましょう。

マイナスの電気を帯びる素材も

また、アクリルやポリエステルなどの素材は、マイナスの電気を帯びやすい性質があります。

これらの素材の服を着る時に気を付けたいのが、ナイロンやウールと重ね着することです。異なる性質の電気が帯電しやすいもの同士がこすれると、静電気が発生しやすくなります。もしアクリルコートを着るなら、シャツは綿にするといった工夫が効果的ですね。

静電気を通しやすい物質に注意

静電気を通しやすい物質にも注意が必要です。金属は電気を通しやすく、静電気による衝撃も強くなります。紙や木、コンクリートなどは静電気をゆっくり通してくれるので、たとえ電気の結合が起こったとしてもほとんど気になりません。

逆に静電気を通さない物質もあります。ゴムやプラスチックがそうですね。逆に一見良さそうですが逆効果なのがゴム。ゴム底の靴を履いていると身体の電気が外に流れにくくなり、溜まってしまうといったデメリットもあります。

静電気対策

静電気の性質がわかれば対策は割とカンタンです。以下の点に気を付けてみましょう。

アノブに触る前に壁に触って放電

静電気が体にたまっている状態でドアノブに触るのは危険です。その場合、体の電気をゆっくりと逃がしてあげることが効果的です。たとえばコンクリート製の壁や、壁紙が張られた壁を触れば、ゆっくりと電気が体から流れていくことでしょう。

ハンドクリームを塗る

ハンドクリームでも静電気対策ができます。乾燥を防ぐために保湿をすることは、そのまま静電気を防ぐことにつながるのです。もし、スカートなどが静電気によってタイツやストッキングにまとわりつくようであれば、ハンドクリームを塗った手で足を軽くなでるだけでも効果があります。

湿度を高くしよう

静電気は湿度が低ければ発生しやすく、湿度が高くなると発生しにくくなります。空気中の水分が多くなれば、それだけ静電気も分散されるので、帯電、放電を防ぐことができます。

乾燥はお肌にとっても大敵ですし、風邪など空気感染の病気にもかかりにくくなるデメリットがあります。しっかりと加湿して、健康を保ちましょう。大体50~60%程度の湿度を維持すると良いと言われています。

トリートメントをしっかりする

帽子や服を脱いだ際に、静電気で髪の毛が顔についてしまった経験はありませんか? 電気が溜まった状態で髪の毛に摩擦を起こすと、静電気が発生してしまいます。

これを防ぐのには、洗い流さないトリートメントが有効です。トリートメントがなじんだ状態の髪の毛には帯電がおきにくくなります。

柔軟剤を使う

衣服の静電気を抑えるのに効果的なのが「柔軟剤」です。衣服を柔らかくするために洗濯の際に使うものですが、繊維の表面部分を滑らかにすると、摩擦が起きにくくなるという効果も期待できます。

また柔軟剤に含まれている成分が、電気を外に流す力もあるため自然と衣服に静電気が溜まりにくくなるのです。

静電気に悩まされてきた人も、その性質さえ知ってしまえば怖くありません。

ドアノブを触る前に、ちょっとだけ壁を触る習慣をつけたり、衣服の組み合わせにもちょっとだけ気をつけたりするだけで、不快な静電気から解放されるはずです。是非、今日からトライしてみてくださいね。

この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し