なかなか洗えない!コート・ニット・ジャケットについたいや〜な臭いのとり方




コートやジャケット、ニットといった洋服は、寒い時期には欠かせないアイテムです。これらのアウターを着て動くと、内側に熱がこもってたくさん汗をかきます。さらにタバコや焼き肉の煙などの臭いがついてしまうことも……。

通常の衣類であれば、洗濯をしてキレイにできますが、なかなか頻繁にクリーニングできないコートやジャケット、ニットは雑菌が繁殖しやすく、いやな臭いが気になることがあります。また、外部に付いた汚れも臭いの原因になります。

オフィシャルな場や、恋人と会う時などに、服に臭いがついているのは大問題です。臭いの取り方を知っておけば、毎日着ていても安心というものです。

こまめに干して臭い取り

臭い対策として、手軽にできるのは干すことです。風が当たるお部屋のベランダで陰干しをすることで、臭いが薄くなっていきます。

雑菌の繁殖を防ぐことに繋がるので、こまめに干す習慣をつけましょう。明日、お出かけという時には前日の夜でも風にあてて干すと全然違いますよ。臭いは服の内側にもつくので、裏返して干すのもお忘れなく。

ドライヤーの熱風をあててみよう

すぐにできる対策のとして、ドライヤーを使う方法があります。まずは風を当てて、服に付着したホコリやゴミを取り去ってください。これだけでも臭いがだいぶ取り除けます。

さらに衣、類用消臭スプレーや霧吹きスプレーで少し湿らせてから乾かしてみましょう。水分が蒸発する際に臭いを一緒に取り去ってくれます。

より効果をあげるには、数か所穴が空いたビニール袋に衣類を入れて、ドライヤーで熱風を袋の中に送り込みましょう。

これによってさらに臭いを取り去ることができます。熱風を送るのは数分やれば十分と言えます。ただし、熱風で服の生地が傷むこともありますので、程度に距離をとりつつ、様子を見ながらおこなってくださいね。

お風呂場に干してみよう

臭いを取るにはまず湿気のある場所に干して、それから乾かすのが効果的。お風呂場は適度に湿気を服にもたらすには良い場所です。お風呂に入った後の蒸気がただよっている空間に、コートやジャケットを干してみましょう。

基本的にお風呂場は換気扇がついており、湿気を取りやすい場所とも言えます。ジャケットやコートだけでなく、他の洗濯物も一緒に干してしまうのも良いでしょう。夜、お風呂に入った後に干して、次の日の朝にベランダで陰干しすればカンペキです。生乾きのまま、クローゼットにしまわないように気を付けてくださいね。

もし臭いがかなりキツイ服であれば、より湿度を高めるため、湯船にお湯をためた状態で干すという手段もあります。臭いがおさまってきたら乾燥させるのを忘れずに。

スチームアイロンで臭い消し

スチームアイロンも、湿気を服につけてから乾かすという意味でとても効果が高いです。

噴き出した蒸気をしっかり服の中に浸透させてください。厚手の服でも蒸気を浸透させやすいのでオススメな方法です。アイロンがけをすることでシワを伸ばすこともできるので一石二鳥です。

ニットの臭いを取る際は、蒸気を当てるだけにしておきましょう。

消臭スプレーを使ってみよう

干したりスチームアイロンを用意したりするのが面倒という時であれば、とりあえず消臭スプレーで対処しましょう。

外出前に消臭スプレーをするだけで、外出時に臭いがつくのを抑えることができます。コートやジャケットを着る前と後にスプレーをかける習慣をつけておきましょう。消臭効果だけでなく除菌効果も期待できます。

湿らして乾燥させる、というのが臭い取りの基本になります。手軽に家で行える方法はたくさんあるので、臭いが気になる方は実践してみてくださいね。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し