アイロンがけをしなくても大丈夫!しわをつけにくくする洗濯法




一人暮らしで案外面倒なのが洋服のアイロンがけ。忙しくて時間のないときには、とても面倒な作業です。

そもそも、一人暮らしの部屋にアイロンがないという人も多いはず。

しかし、普段はしわなど気にせずに洋服を着てしまう人でも、デートや就職活動など大事な場面では、ピシッとアイロンのかかったシャツや洋服で臨みたいものです。

そこで今回は、誰でも簡単にできるしわになりにくい洗濯方法をご紹介します。

洗濯物はネットにイン!しわになりにくい洗剤も合わせて使おう

普段のお洗濯、ただやみくもに洗濯機に洗い物を詰め込んでいませんか? しわができてほしくない洋服を洗濯機に入れる際は、洗濯ネットを使用しましょう。

洗濯ネットを使用するだけで、他の洗濯物と絡みにくくなりしわができづらくなるんです。その際、なるべく洋服と同じサイズのものを用意し、ネットには洋服を詰めすぎないようにしましょう。

洗濯ネットは、100円ショップやホームセンターなど身近な場所で安くに手に入ります。また、網目の細かい物や、立体的なものなど種類も豊富です。加えて最近では、しわになりにくい洗濯洗剤も販売していますので合わせてチェックしてもて下さいね。

洗濯物を干すときは必ず伸ばそう

洗濯で一番面倒なのが、ハンガーや洗濯ばさみに干す作業。

洗濯物を干す作業って、面倒でついつい洋服を伸ばさず、丸まった状態になってしまうこともあるでしょう。

しかしそれでは、袖口や裾がきちんと乾かないことに加え、しわを作る原因となってしまいます。絡んでしまった洋服はバサバサとなびかせてから干すようにし、ズボンの裾やシャツの袖が丸まらないようにしましょう。

脱水時間は短く!

洗濯機の中で最もしわがつく原因となるのが脱水機能です。

脱水を行う際に、遠心力により洋服同士が絡み合いしわができやすくなります。脱水時間を設定できる洗濯機を使用している場合は、短めに設定してみてください。

洗濯終了後にすぐ干そう!

洗濯が終わっているのにも関わらず、いつまでも洗濯機に入れたままにしてしまう……。

忙しいとついやってしまいがちですが、これでは大事な洋服が絡んだままになり、しわがついてしまいます。洗濯が終わったら、すぐに取り出して干すように心がけましょう。

また洗濯物を干し終え取り込む際、しわをつけたくない洋服はたたまず、ハンガーにかけたままクローゼットに仕舞うようにしましょう。

お気に入りの洋服で出かけようとしたら、しわがあってげんなり……なんてならないためにも! 洗濯する際のちょっとした工夫で、洋服のしわができにくくなります。

簡単ですのでぜひ試してみてくださいね。






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し