寒すぎる!隙間風を撲滅する方法を実践してみた

寒い時期、せめて部屋の中では暖かく過ごしたいものですね。でもせっかく暖房をつけていても、どこからか冷たい隙間風が入ってくる……なんて部屋もあります。

通常、窓は閉めていてもわずかながら空気を移動させる隙間がありますが、不具合や劣化によっては隙間が大きくなってしまい、部屋の中にいても風を感じられるようになってしまいます。

長く使われている賃貸住宅であればその可能性も高いですね。それによってシャレにならないくらい寒い部屋になってしまうことも! 一刻も早く隙間風対策をしなくてはなりません。今回は簡単にできる隙間風対策を紹介します。

隙間テープを使ってみる

ホームセンターや100円ショップなどで販売されている「隙間テープ」を入手しましょう。

隙間テープはスポンジ状の両面テープになっていて、剥がして隙間に貼る事で風を防ぐことができます。これで冷たい空気が部屋に入ってこないので、部屋の温度がずいぶん違いますよ。

特に隙間風は窓の下側の方から入ってきやすいので、サッシのところに貼るようにしてみましょう。部屋から熱が逃げにくくなる効果もあります。せっかく部屋に暖房をかけても、どんどん熱気が逃げてしまってはいつまでも寒いだけですからね……。

防寒以外にも! 隙間テープのメリット

隙間テープを貼ると冷たい風を防げるだけでなく、防音の効果もあがり、虫も入りにくくなるなど、いろいろなメリットがあります。

筆者の場合、洗面台と壁の間に空間があり、細かいものが落ちて困っていたのですが、隙間テープを貼ることで解消しました!

スポンジ状である程度形が変えられるため、このケースでは貼らずに「詰める」ことができたため、後からすぐ外せるのも良いと思います。

隙間テープを貼るときの注意

テープを貼る場所はあらかじめ掃除をしておいてください。ほこりがあるとテープがはがれやすくなってしまいます。

ただし、いかにキレイに貼っても、そう長持ちするものではないので、定期的に貼り換えをしてください。また結露がひどくなるとテープが湿ってカビてしまうので、防水のテープがおすすめです。

接着パテで隙間風対策

隙間風は窓からだけでなく、ドアや押入れの隙間から入ってくることもあります。壁や床の隙間にも手を当ててみると冷たい風を感じ取れることも。

こうした場所は接着パテをつけることで埋めることもできます。接着パテは、配管といった場所にある隙間を埋めるために使われている粘土状のものです。テープと比較すると、よりしっかりと隙間を埋めることができます。

粘土を貼り付けるイメージなので、剥がしてもあとがつきにくいというメリットがあります。

一方で、パテを使うと埋めた部分が目立つので見栄えが悪くなる可能性があるのはデメリットと言えます。壁や床など素材によっては接着がしにくい場所もありますね。

カーテンで風を防いでみる

カーテンを使って風を防ぐのも一つの対策です。カーテンの長さが短いと、どうしても冷たい空気が部屋の中に侵入しやすくなります。

物理的に冷気を防ぐにはカーテンを長いものに替えるのが有効です。特に冷気や暖気は下から移動するので、床につくくらい長いものだとベターですね。カーテンがべた~っと床にたれてしまうので見栄えは少し悪いですが、寒さを防ぐためにはガマンしたいところです。

そもそもカーテンが薄いものだと、冬の寒さには対抗できません。できれば厚手のものに交換したいですね。布製のカーテン以外にカーテンライナーを取り付けるのも良い方法です。これによって部屋の温度を逃がさないので、より暖房効率があがります。

応急処置ならコレを使おう!


すぐにでも家にあるもので隙間風対策がしたい!という方は、セロハンテープを窓の隙間に貼ってみてはいかがでしょう? 応急的な処置ですが物理的に隙間が埋まるので、風が入ってくることを防ぐことができます。

家にダンボールや新聞紙、プチプチ(エアークッション)といった緩衝材があるなら、それを貼り付けるのも有効な手段です。

特に緩衝材は断熱性があるので、部屋の熱を逃がさないため隙間テープの代わりとしては十分です。ダンボールや新聞紙も厚みがあれば断熱性がありますが、湿気に弱いので長くはもちません。あくまで応急処置と考えましょう。

賃貸物件の場合、テープやパテなどを使うと跡が残る可能性があります。

事前に大家さんや管理会社に一言相談した方がよさそうです。
せっかく暖房をつけていても、隙間風が入ってくる環境では台無しです。部屋の温度が下がると、冬の時期は風邪にもかかりやすくなってしまいますね。しっかりと隙間風対策をして、寒い時期を乗り切りましょう。

この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し