玄関をきれいに見せる! 靴箱の収納術

玄関にある靴箱。

その中に、靴は、すべて収まっていますか?

一人暮らしだと、収納スペースも限られてしまい、靴があふれてしまって、玄関に並んでいたり、お部屋に収納したりしていませんか?

衣類と同じく、靴もさまざまな用途や季節に合わせてそろえるために、結構な数を揃えなくてはいけませんよね。そんなたくさんの靴をきれいに、しかも使いやすくする収納法をご紹介いたします。

①数をコントロールする。

一年を通して、履いていない靴や傷みがひどい靴は、ありませんか?

一度、靴箱のお掃除を兼ねて、すべて靴箱から取り出してみてください。

一年間、履かなかったということは、今後履く可能性は極めて低いので、思い切って処分しましょう。「靴箱に入るだけ」「靴箱に入らない靴は、2足だけ」など、持っている靴の数を自分の中で決めることは、とても大切なことです。

定期的に、持っている靴が活用されているかどうか、確認するといいです。

②中心によく使うものを収納する。

腰の高さの位置は、モノを入れたり出したりしやすい場所なので、その高さの棚によく履く靴を収めると使いやすくなります。

高さのある靴箱の場合は、取り出しにくい上部に、季節物の靴を収納し、下の方には、使う頻度の少し高い靴を収めると使いやすくなります。

雨の日に履く長靴など、履く時期を予期できない靴は、下の方に収納しておくと、急な悪天にも対応が出来ます。

③湿気と汚れに注意する。

靴は履くことで、足の汗などを吸っているので、よく乾かして、砂や埃を落としてから、靴箱の戻すようにすることをお勧めします。

靴箱には、古くて着ることがなくなった衣類の布を小さくカットして靴箱に入れておくと、サっと取り出して拭くことができるので、便利です。

一日履いた靴は、すぐに靴箱に仕舞うとニオイがこもる原因になrます。靴を脱いだ直後に、消臭剤をスプレーして、そのまま放置しておきます。

また、靴箱にも、除湿剤などを入れて、湿気を防ぐとお気に入りの靴が長持ちします。

④靴箱内部の掃除も定期的に。

どんなに、汚れを落としていても、靴箱には、砂などのゴミが入ってきてしまいます。定期的に掃除できるように掃除グッズも一緒に仕舞っておくといいでしょう。

靴をきれいに保つためのグッズ、そして玄関や靴箱をきれいに保つ掃除グッズなどを、靴箱に収納することで気軽に掃除に取り掛かることができます!

お部屋の中でも、頻繁に使用する玄関。お友達が来たときなどにもよく見られている場所だからこそ、キレイに保っておきたいですよね。

靴箱は、使いやすい「量」に靴を減らし、取り出しやすい高さによく使うものを収納し、さらに掃除グッズも一緒に収納することで、使いやすく綺麗な玄関を保つことができますよ!

この記事をシェア!