玄関をきれいに見せる! 靴箱の収納術




玄関にある靴箱。

その中に、あなたの靴はすべて収まっていますか?

一人暮らしだと収納スペースも限られてしまい靴があふれてしまって、玄関に並んでいたり、置き場所がなくてお部屋に収納したりしていませんか?

衣類と同じく、靴もさまざまな用途や季節に合わせてそろえるために、結構な数を揃えなくてはいけませんよね。そんなたくさんの靴をきれいに、しかも使いやすくするための収納法をご紹介いたします。

①数をコントロールする。

長い間履いていない靴や、傷みがひどい靴は、ありませんか?

一度靴箱のお掃除を兼ねて、すべて靴箱から取り出してみてください。

一年間履かなかったということは、今後履く可能性は極めて低いので思い切って処分しましょう。「靴箱に入るだけ」「靴箱に入らない靴は、2足だけ」など、持っている靴の数を自分の中で決めることは、とても大切なことです。

靴箱の収納をすっきりさせるためには、定期的に自分が持っている靴が活用されているかどうか、確認するといいですね。

②中心によく使うものを収納する。

腰の高さの位置は、モノを入れたり出したりしやすい場所なので、その高さの棚によく履く靴を収めると使いやすくなります。

高さのある靴箱の場合は、取り出しにくい上部に、季節物の靴を収納し、下の方には、使う頻度の少し高い靴を収めると使いやすくなります。

雨の日に履く長靴など、履く時期を予期できない靴は、下の方に収納しておくと、急な悪天候にもすぐ対応が出来ます。

③収納アイテムを活用する

もともとの靴箱が狭くても、収納アイテムをうまく活用することですっきりさせることができますよ。ホームセンターのほか、百円ショップでも手に入る突っ張り棒や、タオルハンガーが便利な収納グッズになります。

・突っ張り棒を使った収納

靴箱の棚の中に「突っ張り棒」をセットします。ヒールのある靴の片方をこの突っ張り棒の下に置き、もう片方はヒールを突っ張り棒に引っ掛けましょう。空いているスペースを有効に活用でき、片足分のスペースで両足分の靴が収納できるので靴の収納量が2倍になります。

※図では片方の靴が手前にずれていますが、収納するときは上下に重なるようにします。

・シューズボックスを縦に置く

靴が入っているシューズボックスは、重ねて置けば省スペース。しかし、縦に重ねられない横長の靴箱の場合は、ボックスを縦置きにして場所を節約するのがおすすめ。縦置きにしても靴が型崩れしないよう、靴底を外側にしてかかととつま先を互い違いにしましょう。ただ、柔らかい素材の靴は型崩れの心配があるので気を付けてください。

・扉の内側も収納スペースに

扉の裏にタオル掛けなどを取り付ければ、そこにも収納スペースが生まれます。お客様用のスリッパや、傘などを収納できますよ。タオル掛け以外にウォールポケットを使えば、ぺたんこ靴やビーチサンダルもそのまま収納できます。また、フックなどをつけてハンガーをつるし、そこにスリッパやサンダルをひっかける方法も。扉の裏側まで無駄なく収納スペースとして使っちゃいましょう。

④湿気と汚れに注意する。

靴は履くことで足の汗などを吸っているので、よく乾かしましょう。また、靴底の砂や埃を落としてから、靴箱に戻すようにすることをお勧めします。

靴箱には、古くて着ることがなくなった衣類の布を小さくカットして靴箱に入れておくと、サっと取り出して拭くことができるので、便利です。

一日履いた靴は、すぐに靴箱に仕舞うとニオイがこもる原因になります。靴を脱いだ直後に消臭剤をスプレーして、そのまま放置しておきます。同じ靴を何日も続けて履くことは避けましょう。靴が傷む原因になります。

また、靴箱にも、除湿剤などを入れて、湿気を防ぐとお気に入りの靴が長持ちします。

⑤靴箱内部の掃除も定期的に。

どんなに汚れを落としていても、靴箱に、砂などのゴミが入ってきてしまいます。定期的に掃除できるように掃除グッズも一緒に仕舞っておくといいでしょう。

靴をきれいに保つための靴磨きやクリームなど、そして玄関や靴箱をきれいに保つホウキやぞうきんなどの掃除グッズを、靴箱に収納することで気軽に掃除に取り掛かることができます!

お部屋の中でも、特に頻繁に使用する玄関。お友達が来たときなどにもよく見られている場所だからこそ、キレイに保っておきたいですよね。

靴箱は使いやすい「量」に靴を減らし、取り出しやすい高さによく使うものを収納し、さらに掃除グッズも一緒に収納することで、使いやすく綺麗な玄関を保つことができますよ!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し