年末の大掃除の季節に! 窓や網戸をキレイにする掃除方法やポイント

一人暮らしを始めてから、窓や網戸の掃除をしたことがありますか? 室内と違って結構見落としがちな窓周り。普段、見て見ぬふりをしがちな窓や網戸ですが、簡単な掃除方法をご紹介します。大掃除の季節に向けて、少しずつ部屋の掃除をしましょう。

窓の掃除は曇りの日がおすすめ!?

実は窓を掃除するなら、太陽が出ている日よりも曇りの日に行うのがおすすめです。なぜなら以下のような理由があるからです。

・【晴れた日】陽の光によって汚れが見えにくい→吹き残しが多くなる
・【晴れた日】空気が乾燥している→水分がすぐに乾く→拭き跡が残りやすい
・【曇りの日】汚れが湿気を吸収→汚れが落ちやすい(同じ理由で雨上がりも適している)

もちろん、晴れだからと言って掃除をしてはいけないということはないので、時間があればしっかり拭いておきましょう。
また、窓の両面を掃除する場合、外側」から先に磨いた方が良いです。外側を綺麗にふくことで、内側を磨く際に拭き残しが発見しやすくなりますよ。

窓の掃除方法

1:水で濡らした新聞紙で窓を拭く

ぬるま湯だとより汚れが落ちやすいです。あまり濡らしすぎると水滴が垂れてしまうので、かるく湿らせる程度でOK。

ちなみになぜ新聞紙がおすすめかというと、以下の理由があるからです。
・新聞紙の繊維が細かく、ケバが残らない
・インクが汚れと反応してきれいになる
・インクがワックスの代わりになりピカピカになる。

広げたままでもOKですが、丸めてボール状にした新聞紙だと、たわしのようになって拭きやすくなります。お好みでどうぞ。

2:乾いた新聞紙で水気を取りながらさらに拭く

まるめた新聞紙で円を描くように上から下へ。上から下へと拭く理由は、垂れた水滴を残さずきれいにするためです。新聞紙のインクによるツヤだし効果・くもり防止効果が発揮され、ピカピカになります。

網戸の掃除方法

1:メラミンスポンジを水含ませて拭く

外からの土ボコリや家の内部のホコリが溜まりやすいのが網戸です。この汚れを掃除するのはけっこう大変です。一番効果的なのは「メラミンスポンジ」を使う事でしょう。

☆メラミンスポンジとは
メラミンフォームと呼ばれる白いかたまりの樹脂スポンジで、ドラッグストアやスーパー、100円ショップなどで購入できます。水に浸けてから絞り、そっと網戸をこすってみましょう。スポンジが汚れをゴッソリ拭き取ってくれます。
使用しているうちにメラミンスポンジは汚れで黒くなり、削れていきます。水洗いで汚れを取って絞って使います。掃除の後は、スポンジのカスが下に落ちていることが多いので、掃除機やほうきで掃除しましょう。

2:ストッキングを使う

・穴が開いていらなくなったストッキング
・汚れて捨てようかと思っていた靴下、古い布

何も考えずにゴミ箱行きになっていたこれらも、網戸掃除に使えます。布や靴下をストッキングの中に入れて、網戸の細い目の部分に溜まった汚れを拭きとると効果抜群です。ストッキングは静電気を帯びやすいので、ホコリが取りやすいのです。特に冬は静電気も強くなりがちなので、掃除どきと言えるでしょう。水洗いをしてしまうとホコリが湿り、効果がなくなるので気を付けてください。

窓や網戸は意外と汚れているもの。また、カーテンレールの上やサッシなどもホコリがたまりやすくなっています。しっかり掃除をして、すがすがしい気持ちで新年を迎えたいですね。

この記事をシェア!