これからの季節に気をつけたい!カビの原因となる結露の対策

寒い季節になると、窓に水滴がたくさんついた状態「結露(けつろ)」が起きます。窓に指で絵を描いたことがある人も多いでしょう。でもこの「結露」、結構困りモノなのです。

結露を放置すると起こること

結露をそのままにしておくと、部屋が傷んだり、住んでいる人の健康に悪影響をおよぼしたりすることがあります。なぜなら結露のせいでカビがどんどん繁殖するからです。

◇結露でカビが起こる理由

カビが繁殖するには、適度な温度や湿度、栄養分が必要になります。温かい部屋、濡れた窓、そして水分に付着したホコリや食べかす、木くずなどが彼らのエサになってしまいます。
さらに結露を放置すると、水分で壁や床の木材が腐食してしまい、ダニやカビがどんどん発生する最悪の状況になってしまいます。そのため、できるだけ結露を防ぐ必要があるわけです。

結露の原因は?

「結露」の原因は寒い外と温かい部屋の中という温度差です。結露は以下のようにして起こります。

1)空気中には湿気(水蒸気)が含まれている
2)室内の温かい空気が、室外側の冷たい空気で冷やされる
3)空気の中の水蒸気が凝縮して水滴に変化(結露)

断熱性の高いもので区切られている場合、結露は起きにくいですが、窓ガラスのような材質は断熱性がとても低いのです。そのため、窓でよく結露が発生します。

結露を防ぐには?

結露の放置が怖いもの、厄介なものと認識できれば、あとは対策をするだけです。根本から対策しようするとお金もかかってしまいますが、そこまでしなくても簡単にできる対策を知っておきましょう。

◇換気

部屋の中の水蒸気が結露の正体です。そのため部屋から水蒸気を外に出せば、結露は自然に起きなくなります。部屋の中で料理をしたり、加湿器を使っていたり、お風呂にお湯をためる方はこまめな換気を忘れないでください。収納棚などで密閉された空間も、ときどき空けて空気と温度の入れ替えを行いましょう。

◇カーテンを替える

カーテンは窓に設置するもの。そのため結露を放っておくと、カーテンに水分がついてカビの発生源になる可能性があります。また、カーテンを伝って床や壁に水滴がついて、カビが生えることも。カーテンはホコリもつきやすいので、余計心配ですね。
また、カーテン自体が暖房の熱を窓から遮断することで、部屋と窓際の温度差をつくる原因にもなります。すぐ結露状態になる、という方は結露防止のレースカーテンに取り換えるのも良いでしょう。こうしたカーテンは吸水性を持ち、カビを防ぐ処置もされているので、気づいたらカビがビッシリという事態は避けられます。

◇結露防止シートを貼る

室内側の窓に取り付ける、結露を防ぐためのビニール製シートも販売されています。シートとガラスの間に空気が入り、窓ガラス自体の温度が低くなるのを防いでくれるんです。水で貼るタイプやテープで貼るタイプがあります。
シートを貼ると半透明になって視界が悪くなるので、どうしても透明な窓にしたいという場合は使えません。

結露になってしまったら

今まさに結露が起こって困っているんだけど!という方にも色々な対策があります。

◇吸水テープ

結露を防止するのではなく、窓ガラスに付着した水分を吸い取ってしまうテープです。窓枠沿いのガラスに貼っておくことで、結露をどんどん吸い取ってくれます。柄がついたタイプなどデザイン性が高いものも売られているので、窓の飾りつけとしても楽しめます。外から見えた時もお洒落でしょう。
とはいえ、結露の量が多かったり、頻繁に起きたりする場合は、何度も張り替えないといけません。

◇新聞紙を貼る

吸水テープなんてすぐに手に入らないよ! という方は新聞紙を貼ってみてください。見栄えはあまりよくないかもしれませんが、窓ガラスに張り付けるだけで結露対策になるんです。また結露の防止という点でも、畳んだ新聞紙を窓の下にある溝部分に差し込んで、上手く窓枠やガラスに当たるようにしておけば、その後結露ができて落ちてきた水分を吸ってくれます。
水を吸い取った新聞紙は、窓を拭くのにも使えます。結露もなくなり、窓も綺麗になって爽やかな気持ちになれますよ。

日頃から換気をすることが何よりの結露対策になります。しかし、寒くてどうしても窓を開けたくない、という日は結露防止シートやテープ、新聞紙などで窓の水分をとりのぞくのを忘れないでくださいね。

この記事をシェア!