見えなくても要注意!布団のダニ退治きちんとできていますか?

毎日寝ているその布団、きちんとケアできていますか? ひとり暮らしの場合、ベランダがなくて天日干しできない方、夕方まで留守にすることが多く、布団を干す時間がないという方も多いかもしれません。

しかし、お布団はダニが生息しやすい環境のため、キレイな状態を保つためのケアが必要となります。ここでは、大切なお布団をダニから守るためのポイントを紹介していきます。

ダニをほったらかすと起こる怖い問題

ダニによる健康被害は大きくわけて2つです。

◆かゆみ
生きたダニに刺されると身体にかゆみが起こります。ダニ刺されというと、血を吸われることによるかゆみをイメージする方が多いかもしれません。しかし、布団に生息するダニ(コナダニ、チリダニ)の多くは刺す種類ではありません。

人の血や体液を吸うのは、ツメダニやイエダニというダニです。これらのダニは先述のコナダニやチリダニをエサにしていますが、食べ物がなくなると人を刺すこともあります。

◆アレルギー
もうひとつの健康被害が、これらのダニの死骸や糞に触れたり、吸い込んだりすることで起こる、アレルギー症状です。鼻水・くしゃみなどの一般的なアレルギー反応はもちろん、ひどい方は呼吸困難や喘息を引き起こすこともあります。

ダニ退治対策

ダニによる被害に合わないために、普段から予防に努めましょう。以下のような方法が効果的です。

・布団はこまめに天日干し
・干した布団にゆっくり掃除機をかける(表面にいるダニを除去できる)
・シーツや布団カバーを洗濯してダニを洗い流す

忙しかったり、ベランダがなかったり、布団を干すことがなかなか難しいという方におススメなのが、ダニ取りシートです。

置いておくだけでダニを捕獲・死滅させることができるため、忙しい方には嬉しいアイテムです。即効性はありませんが、じわじわとダニを減らすことができます。

これでとどめ!? 布団乾燥機も有効

ダニは高熱に弱く、50度以上の熱にあてることでダニを死滅させることができます。そのため、天日干しだけではなかなか退治できないダニも、布団乾燥機を使うことで効率よく退治することができます。

ちなみに表面を温めるとダニは裏側に逃げるため、表面の後に忘れずに裏側も温めましょう。朝晩2回連続して行うことでより効果が見込めます。
また、定期的に布団乾燥機を使用し布団を乾燥させることで、ダニが繁殖しづらい環境を作ることができます。

布団を干すのは手間がかかり、時間的にもなかなか大変です。しかしダニによる健康被害が起きてしまっては、それ以上に手間も時間もかかってしまいます。

そうならないためにも、普段からお布団を清潔に保ち、ダニが繁殖しづらい環境を作ることが大切です。肌に直接触れるお布団、いつも清潔な状態を保ちたいものですね。

この記事をシェア!