一人暮らしの不在荷物の受取どうする?宅配ボックスがなくても受け取る方法4つ

一人暮らしは、自分以外に住人がいないので家を留守にしがち。宅配便が届くタイミングを逸して、荷物を受け取れないということもしばしば起こります。

再配達してもらうのは面倒だし、宅配業者の人も大変です。一人暮らしでも、荷物を安心して受け取る方法について調べてみました。

1)宅配便のネットサービス

宅配便各社の中には、ネットサービスを行っているところがあります。大手宅配会社の場合、ネットサービスにユーザ登録をしておくと、荷物の到着予定前にメールが届きます。

また会社や条件によっては、受け取り日時をずらしたり、受け取り場所を変更したりすることもできます! 急に予定が入ってしまった時に便利ですね。

2)宅配会社の営業所で受け取りに行く

営業所が近くにある場合、営業所留めにして、自ら足をのばして受け取りに行く方法も便利です。

例えば、ゆうパックの場合は、宛名に受け取りたい郵便局名と「局留」の旨を明記することで、一定期間その郵便局で預かってもらいます。受け取りに行く際には、身分証明書と印鑑、そして該当する荷物情報が必要となります。

同様に、他宅配会社でも営業所で受け取りが可能なところが多く、受け取る際には、身分証明書と印鑑と荷物情報(伝票番号など)が必要である点もほぼ同様です。

3)コンビニ受け取り

コンビニ受け取りサービスに対応している場合、コンビニエンスストアで荷物を受け取ってもらうこともできます。

大抵の場合、宅配会社の営業所よりも営業時間が長く、家の近所以外にも通勤・通学の途中など選択肢も複数あり、買い物ついでに気軽に寄れることができるため、使い勝手はいいと思われます。

ただし宅配会社やコンビニによって実施の可否や手順などが異なりますので、どこまで対応しているかは各業者のホームページなどでご確認ください。

4)各サービスの宅配ボックス

また最近では、宅配ボックスが注目を集めています。コインロッカーのように、大き目な荷物を収納できる宅配ボックスと呼ばれる装置を、家の入口にポストのように設置。業者はその中に荷物を入れ、利用者は好きなタイミングで取り出すことができます。

暗証番号式のものや、カードキータイプのものなど種類はさまざま。アパートやマンションに宅配ボックスがなくても、駅前などで設置している事業者などもいます。こちらも、宅配会社によって利用の可否など異なりますので確認が必要です。

昨今のニュースでも宅配業界の深刻な人手不足が叫ばれている中、人手を介さずに荷物を受け取れる宅配ボックスなどの手段は、今後一つの大きなトレンドになっていくことでしょう。

レオパレス21も一部で宅配便受取ロッカーの「PUDOステーション」を展開しています。
http://www.leopalace21.com/osirase/pudo.html

さまざまな受け取り手段を知ることで、大事な荷物はしっかりと受け取れるようにしましょう!

この記事をシェア!