衣替えっていつ?一人暮らし初心者にもわかりやすい夏服の洗濯方法と収納方法

平安時代の宮中行事からはじまったといわれている衣替え。そろそろ夏服をしまい、冬服を出す衣替えの時期になりました。学校や会社では10月1日が衣替えのタイミングとされ、夏服から冬服へと切り替わります。

制服のようにはっきりとしたタイミングがない場合も、肌寒くなってきた9月~10月に衣替えをされる人が多いと思います。今回は、そんな衣替えの際に知っておきたい、夏服の洗濯方法と収納のポイントをお教えします。

洗濯のポイント

夏服をしまう前に、まずはきれいに洗濯をしなければなりません。洗濯をおろそかにしてしまうと、次の衣替えのタイミングで夏服を取り出した際、シミや黄ばみ、ニオイなどがついてしまい、せっかくのお洋服が着られなくなってしまうこともあります。

特に夏は汗や皮脂の分泌が多く、きちんと汚れが取り切れていない場合も多いため、一度洗っているお洋服でも、収納前にもう一度洗濯する方が良いでしょう。
また、ジャケットやおしゃれ着など、お家で洗濯できないものは、クリーニングに出すこともお忘れなく。

たたむ時のポイント

夏服の多くは、たたんで収納するものが多いかと思います。Tシャツやカットソー、スカートなど、ある程度しわになっても大丈夫なもの、型崩れしやすいものなどは、たたんで収納ケースにしまいましょう。

コンパクトにたためば、多くの衣服を収納することができます。Tシャツやカットソーなどは、四角くたたんで立てて収納するようにすると、多くの枚数をすっきり収納できます。

いらない服は処分!

洗濯が終わっていざ収納! でも、その前に忘れてはならないのが、不要なアイテムを処分することです。サイズが合わなくなってしまったもの、ここ2~3年着ていないものはできるだけ処分するようにしましょう。

一人暮らしのお部屋は収納スペースも限られています。着ないお洋服は処分し、アイテムを減らすことで、次の衣替えも楽になります。このタイミングを逃さずに、不要な衣服は思い切って処分し、すっきりさせていきましょう。

収納時はアイテムごとに

いらないお洋服の選別が済んだら、最後は収納となります。アイテムごとに収納していくことで、次の衣替えも楽になります。自分がどのアイテムをいくつくらい持っているのか把握しやすくなり、無駄な買い足しも防げます。収納の際は、防虫剤もお忘れなく。

お気に入りのお洋服は、来年もその次も着られるよう、少しでも長くキレイな状態を保ちたいですよね。そのためにも、衣替えの際のひと手間が大切となってきます。面倒なことと捉えずに、自分のおしゃれのため、ひいてはより素敵な自分のために、衣替えもビシッと行っていきたいですね。

この記事をシェア!