【京王井の頭線編】渋谷駅からの距離別で見る平均家賃

一人暮らしの物件を探すとき、交通の便をとるか、家賃の安さをとるかは悩みどころ。京王井の頭線では、渋谷駅から10分、20分、30分圏内の駅から、それぞれ家賃が安い2駅を選び、平均金額を算出。どの程度の家賃で生活できるかご紹介します。

渋谷駅から10分圏内で探すなら下北沢駅と東松原駅がおすすめ

京王井の頭線で渋谷駅から10分圏内でおすすめしたいのが、下北沢駅と東松原駅です。

下北沢駅はサブカルチャーの街でもあり、狭い路地には所狭しと個性あふれる古着屋や雑貨屋が並びます。駅前にはスーパーが多く、生活用品の買い物にも便利。駅を離れても飲食店が続き、緑いっぱいの公園もありと生活環境としてはかなり良いです。渋谷駅から4駅で急行も通りますが、やはり人気のためか家賃相場は8万円程度と高めです。

対照的に東松原駅は、駅前も騒がしくなく、静かな住宅街が続きます。また、少し歩けば羽根木公園という大きな公園があります。テニスコートやプレーパークで思い切り身体を動かしてもよし、公園内の図書館で本を読むのもよしと、自分の好きなスタイルで時間を過ごせます。家賃は6万円から住むことができます。

渋谷駅から20分圏内で探すなら明大前駅と浜田山駅

京王井の頭線で渋谷駅から20分圏内の駅からは、学生街としても有名な明大前駅と、自然溢れる浜田山駅をピックアップ。

駅名の通り、明治大学キャンパスから近い明大前駅は、駅前にリーズナブルな飲食店や居酒屋、コーヒーショップなどが並び、学生で賑わいます。しかし、そこを外れたところにある住宅街は意外にも閑静で穏やかな雰囲気です。学生の一人暮らしにおすすめしたいこの駅は、急行や快速、区間急行なども通るため利便性にも優れています。家賃は少々高めで、約8万5,000円です。

浜田山駅は、駅前に24時間営業や、夜遅い時間までやっているスーパーが並び、商店街も賑わいます。しかし、住宅街は静かで、柏の宮公園や三井の森公園、浜田山公園と、自然の多い公園がいくつもあるのが特徴的。休日に緑で癒されることができるエリアです。渋谷からは10駅、吉祥寺からは6駅で、家賃は7万5,000円〜9万5,000円程度です。

渋谷駅から30分圏内=吉祥寺駅から10分圏内

渋谷駅から30分圏内のエリアは、吉祥寺駅から10分圏内に収まります。久我山駅と井の頭公園駅が住みやすいでしょう。

目の前を神田川が流れる久我山駅は、周辺にスーパー、コーヒーショップや飲食店が多数あります。ショッピングなどは吉祥寺駅へ出る必要がありますが、街全体が落ち着いていて静かです。帰宅後は穏やかに過ごしたい人にはぴったりの駅です。家賃は7万8,000円程度です。

井の頭公園駅は、駅前にはオシャレな飲食店があり、井の頭恩賜公園へもすぐ。駅周辺に生活用品を買うお店は少ないものの、吉祥寺駅まで徒歩で行けるため、不自由は感じないはず。休日は公園を散歩したり、ショッピングしたり、娯楽にも長けた駅といえます。渋谷駅から15駅ですが、吉祥寺駅へは1駅のため、家賃は7万円〜9万5,000円程度と高めです。

京王井の頭線においては、渋谷駅までの所要時間別に選んだ2駅の平均家賃相場は、10分圏内で7万円程度、20分圏内で8万5,000円程度、30分圏内でも8万3,000円程度と、ほとんど変わりませんでした。自分の生活スタイルに合わせて、参考にしてみて下さいね。

この記事をシェア!