忙しい朝にもおすすめ!楫真梨子が教えるココだけは押さえておきたい時短メイク術

初めまして!立教大学の楫真梨子です!自炊に家事に一人暮らしは大忙しですよね!

特に朝は、ヘアメイクに割く時間がなくて通学中にお直し…なんて経験も、女性なら一度はしたことがあるのではないでしょうか?

今回はそんな忙しい朝に、ここだけは押さえておきたい!メイク術を紹介していきます!

早速メイクスタート!

1.ベース編

これからの季節蒸し暑さのせいで汗が止まらずメイクが流れてしまったりヨレやすくなりますよね。

そんなときついついファンデーションやパウダーを重ねすぎて厚塗り感が出てしまっていませんか?

今回はヘルシーで色気のあるツヤ肌をつくるハイライトの入れ方についてご紹介します!

ベースを顔全体に塗ったあと、まずこんな感じでハイライトを手の甲に取ります。

少量を指に取り、まずはTゾーンに細めにハイライトを入れます。

このとき鼻先まで入れてしまうとテカっているように見えてしまうので小鼻の少し上あたりまででとめてください!

次に頬の1番高いところに入れます。少し鼻筋なら離れたところに楕円形に入れます!

そして目頭に薄めに”くの字”に入れます。濃すぎてしまうとギャルっぽくなってしまいがちなので要注意!

最後に顎先にちょこんと乗せてハイライトは完了です! ベースだけでは、のっぺりしがちですが、ハイライトを入れることで顔がはっきりします。

2.チーク編

続いてはチークです。今回はこのリキッドタイプのチークを使います。

こちらも手の甲に取ってから指で塗っていきます。ブラシよりも指の方が濃さをコントロールしやすいのでおすすめです!

小鼻のやや上あたりから心持ち内側に入れ、周りをぼかします。鼻先やあごにも少し乗せると顔全体の血色のバランスがとれます。

3.マスカラ編

アイシャドウがなくてもマスカラで目元を一気に華やかにできます! アイメイクで1番力を入れるべき場所だと言っても過言ではありません。

まずビューラーで根元からしっかり挟み、その後毛先に向かって角度を変えて数回挟んでゆるやかなカーブをつくっていきます。

そして根元からサッと細く長くを意識して塗っていきます!睫毛の間に隙間をつくり抜け感を出します!
少しだけ時間を置いて、今度は毛先にマスカラの繊維を乗せていくように長さを足していきます。下まつげも同じやり方です。

特に黒目の上と下だけ濃いめに太く塗ると黒目が強調され大きく見えます!!

4.アイライン編

実はアイライナーは使い方を間違えると目を小さく見せてしまいます!

囲み目メイクは目を小さく見せてしまうという話は有名です。
決して二重幅を狭めないように、白目の境界線をはっきりさせないようにするのがわたしの使い方です!

まず黒目の外側のまつげの隙間だけ埋めます。決して睫毛の生え際よりも太くならないように気をつけてください!

そして黒目の上下の内側だけインラインで埋めていきます。
たったこれだけです!!

全体的に囲まずポイントだけおさえてアイラインを引くとナチュラルな大きな瞳を演出できます。

5.リップ編

リップもこのように手の甲に取り、指で濃さを調節してからポンポンと色を乗せていきます。

唇中央内側に濃いめに取り、外側に伸ばしてグラデーションを作っていく感覚で広げていきます。

唇外側の色と同じくらいの色でリップラインを書き、下唇の両端は口角が上がるようコンシーラーで少しだけ隠します。
グロスを重ねたら完成です!!

これらのメイクの工程はおおよそ10分で完了できる上、さわやかな印象になりますよ!

ぜひ参考にしてみてください。

さて、今回、メイクをさせていただいたのはレオパレス21のArma-L(アルマーレ)というお部屋。

なんと、お部屋の中に洗面台、鏡があるのです。

つまり、同じ部屋で顔を洗ってお化粧をしながらテレビまで観れるということです!!忙しい朝に、ニュースを見ながら身支度も出来る優れもの!

寒い冬や暑い夏の時期も、顔を洗いに廊下に出たくない、、なんて方も多いのではないでしょうか。

このお部屋ならそんな悩みを解決し効率良く朝の時間を過ごすことができます。わたしもこんな感じでテレビを観ながらお化粧をしてみました笑

他にも収納スペースが盛りだくさんだったり、カウンター付きキッチンもあって、女子に大人気なのだとか。

友達を呼んでパーティーするとき、自分だけキッチンで料理の支度をしていたら友達の話に入れなかった、、なんてこともなくなりますね。

Arma-L(アルマーレ)の詳細はこちらもチェックしてみてくださいね。
http://www.leopalace21.com/structure/arma-l.html

この記事をシェア!