怖すぎる。布団の裏側にカビが生える原因と放置するデメリット

梅雨の季節。ある日ひょいっと布団を裏にめくってみたら、真っ黒だった・・・そのまま見なかったふりしてそのまんま。なんて経験の人はいませんか?

布団の裏側が真っ黒だったのは紛れもなく、カビなのです。では、そもそもなぜカビは繁殖してしまうのでしょうか?そしてなぜ布団の裏側につきやすいのでしょうか?

布団にカビが繁殖するのは温度と湿度

633cde0689afe051d7fb3aca7db07f30_s
カビは、部屋の温度が「20度」以上、湿度が「65%」以上の環境下で増殖するといわれています。

このような状況で
・寝ている間に汗をかく
・フローリングの上に直接ふとんを敷いている

とカビが大量に繁殖し、ふとんの裏側は悲惨なことになってしまいます。

人間は寝ている間に大量の汗をかくといわれており、とくに若い人は新陳代謝が活発なので、通常よりも多くの汗が布団に染み込んでしまいます。

その状態でふとんを放置してしまうと、湿気がたまりにたまってカビが生えやすい環境を作ってしまうのです。しかも、マットやカーペットにもカビは繁殖し、最終的にはフローリングにまでカビが生えてしまうのです。

布団のカビは、害がある

b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s
ふとんにカビが生えてしまうのは、衛生上よくありません。

カビを放置すると、
・皮膚や肺の病気になる
・アレルギーの原因になる
・カビ中毒になる

ともいわれています。

そもそもカビとは菌類の塊。それが目に見えるほど集まって布団についているわけですから、体にいいはずがありません。

とくに、カビ中毒に関しては本当に危険でほうっておくと、激しい痛みや吐き気におそわれ、中には発がん性を含んだカビもあるため、ガンになる可能性もあるのです。ちょっとくらい汚くてもいいやと思っていると、恐ろしい事態をまねいてしまいます。

カビから布団を守るには

DSC02749

たしかにカビは怖いですが、予防策をきちんと取っていれば繁殖することはありません。布団の裏にカビが生えてしまわないように、次の記事を読んでしっかり対策しましょう。

梅雨の季節に要注意!布団の裏側のカビ対策3つ

2016.06.26

この記事をシェア!