洗濯機に入れたままはNG!洗濯物のカビ対策

勉強や仕事でくたくたになっているのに、一人暮らしだとどうしても自分でやらなければいけない家事。特に洗濯は手間を感じてしまい、これはちょっと後回しで良いかな……と、洗濯物を洗う前や洗った後、ついつい洗濯機の中に入れっぱなしにしていませんか?

実はその行為が、衣類にカビが生える原因となっているんです。衣類についた黒カビにショックを受けないよう、今回は洗濯物のカビ対策についてご紹介します。

■洗濯機の中はカビの居心地満点

洗濯機の中というのは、カビにとってお気に入りの場所です。

というのも、洗濯したときに残った洗剤のカスが養分として機能し、水分がたっぷりとあります。さらに湿度も高いため、カビにとっては住み心地がよく、繁殖しやすい場所になってしまうんです。

そんなカビが好むところへ湿った衣類を入れて放置してしまうと、衣類へカビがうつってしまいます。これが、洗濯物へのカビうつりの原因となります。

■すぐに洗濯機を回さないときは、とにかく乾燥させる

忙しい一日を終えて家に帰って、それまで着ていた服を洗濯機の中に溜めてしまっていませんか?

汗を吸って湿った衣類を入れっぱなしにしておくと、洗濯機の湿度はより高くなり、さらにカビが繁殖しやすい状況に……。そうなると、洗濯機のカビが洗濯物にうつってしまいますよね。

対策としては、洗濯物を洗濯機の中に放置してしまうことがわかっている場合は、洗濯機を洗濯かごとして使用しないことが必須です。

どうしても洗濯するまでに時間が空いてしまうなら、ハンガーや突っ張り棒を用意し、しっかりと乾かしておきましょう。その上で、汚れ物専用の洗濯かごにまとめておけば、カビが生えるのを防ぐことができます。

■洗濯機のフタは開けっぱなしに

洗濯機で衣類を洗って脱水まで終わらせても、油断してはいけません。

乾いているときよりも水分をたっぷり含んでいますので、当然そのまま放置しておけば洗濯機の中の湿度が上がったままになり、やはりカビが生えやすい環境になってしまいます。洗濯機が止まったら、できるだけすぐに洗濯物を干しましょう。

また、洗濯ものを取り出した後でも、洗濯機のフタを閉じてしまうと中が乾かず、カビが繁殖しやすい状態を維持してしまうことになります。使用しないときはフタを開けたままにし、風が通るようにしておくことが必要です。

いかがでしたか?

洗濯機の中にカビが生えやすい場所だということ、またその対策についてご紹介しました。

衣類に一度カビが生えてしまうと、なかなか落とせず、あとで大変な作業を強いられてしまいます。大切な衣類にポツポツした黒カビを生やさないためにも、洗濯物を洗濯機に放置しないようにくれぐれも注意して下さいね。

この記事をシェア!