それ、冷蔵庫に入れちゃダメ!冷蔵庫保存に向かない野菜やフルーツ

とりあえず買ってきた食材は全て冷蔵庫に入れる! という人多いのではないでしょうか?

寒い冬も過ぎ、暖かくなってきた今日この頃。気温が上昇すると共に、食材の傷みが気になる季節です。とはいえ、野菜やフルーツを全て冷蔵庫に入れてしまうのはNG! 冷蔵庫に入れると、逆に傷んでしまう食材もたくさんあるんです。

今回は意外と知られていない、冷蔵庫保存に向かない食材をまとめてみました。

食材は「育った環境に近い環境で保存」が基本

食材は育った環境に近い環境で保存することが重要です。熱帯や亜熱帯など温かい地域で育った野菜やフルーツは、低温環境での保存には向きません。間違って冷蔵庫に入れてしまうと、しなびたり、水っぽくなったりするだけでなく、色の変化や、ビタミンCの減少など“冷蔵障害”を起こす原因に……。

それでは、具体的にどんな食材が冷蔵庫保存に向かないのでしょうか?

暑い季節に育った夏野菜はNG!

・なす
・きゅうり
・ピーマン
・とうもろこし
・トマト
など

夏の暑い季節に収穫された夏野菜も、温かい地域で収穫された食材同様、冷蔵庫での保存に向きません。なぜなら夏野菜は10~14℃で保存するのが最適ですが、通常、野菜室の温度は約5~7℃に設定されており、冷蔵障害を起こしやすい環境だからです。夏野菜は、直射日光が当たらず、15℃以下の温度を保てる冷暗所で保存しましょう。

暑い時期、常温の野菜を食べたくない場合は、切ってから冷蔵庫に入れることをおすすめします。

根菜類も冷蔵庫はNG!

・じゃがいも
・さつまいも
・にんじん
・里芋
・玉ねぎ
・ごぼう
・かぼちゃ、
・レンコン
など

土の中で育った根菜類も、低温環境の保存には向きません。冷蔵庫に入れてしまうと、風味が変わってしまったり、カビが生えてしまったりと、痛みやすい食材です。

また、土が付いている野菜を、そのまま冷蔵庫に入れるのは衛生的にもよくありませんよね。根菜類はできるだけ風通しが良く、寒くて暗い場所で保存しましょう!

南国で育ったフルーツもNG!

・グレープフルーツ
・オレンジ
・メロン
・バナナ
など

南国育ちのフルーツも、冷蔵庫に入れると傷みが早くなります。冷蔵庫に入れておくと、熟さないまま腐ってしまったり、風味が落ちてしまったりする場合も……。ほかの食材同様、なるべく冷暗所に入れて保存しましょう!

とはいえ、フルーツは冷えたものを食べたい! という人も多いのでは? そういった場合は、食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れることで、ひんやりフルーツをおいしくいただくことができますよ。

まとめ

冷蔵庫保存に向かない野菜を紹介してきましたが、半分に切ったものや、皮をむいたものなどは、冷蔵庫に入れたほうが、色が変わらず、傷みが遅い場合もあります。その時々によって、最適な保存方法が変わるのでご注意を!
正しい保存方法で、野菜を美味しく長持ちさせましょう。

この記事をシェア!