洗濯物たたむのめんどくさい!効率的にシャツ、Tシャツ、ズボンをたたむ方法

こんにちは。ライターのオオサワです。洗濯物たたむの好きですか?私は苦手です。

洗濯物たたむのめんどくさすぎて部屋は洗濯物に溢れています・・・たたむ事が苦手すぎて、Tシャツ1つあたり5分くらいかかります。

忙しい毎日、そんなことやってられないですよね。でも家事をしっかりしてる人ってモテそうだし、モテたいので、洗濯物をたためるようになりたい。ということで今回は、たたみ方を調べてみましたので、それをご紹介します。

今日はトレーナーとシャツとTシャツのたたみ方を覚えていきましょう。

▼たたむときの基本のコツ

たたみ方の基本は以下の3点。これさえ気をつければ、基本はいいそうです。

・どこで折ればどういう形になるかを覚える
・何回たたむかを決める
・収納のルールからたたみかたを決める

基本は抑えたところで、たたみ方にうつりましょうか。

▼ズボンをたたむときのコツとたたみ方

ズボンのたたみ方からやっていきましょう。

⑴まずは表向きに広げます

表向きにひろげて、しわを伸ばします。

⑵ズボンの前側が外になるように、半分にたたみます

チャックがある方が外向きになるように、縦半分におります。

⑶すその方から3分の1を折り返す

すその方から、3分の1くらいの場所で折り返します。

⑷腰側も折り返して終わり

簡単なたたみ方ですが、コツは「折りたたむ場所を覚える」こと。

慣れると座らなくても畳むことができます。

▼シャツをたたむ時のコツとたたみ方

シャツは色々な形がありますが、基本的なたたみ方をご紹介します。今回畳むシャツはこちら。

それでは、たたみ方に移ります。

⑴シャツを裏返します。

シャツを裏返して、しわを伸ばします。

⑵片側の脇をシャツの中心に合わせて折り返します。

柄で少し見えにくいですが、背中の中心にシャツの脇がくるように折り返します。

⑶折り返した側の袖を真下に折ります。

⑷反対側も同様に折り返します。

⑸裾の方から折り返して完成

完成です。

お店のシャツのたたみ方です。できればたたむ前にアイロンをかけるといいでしょう。

たたむコツは「折る場所を覚えること」です。

それでもたたむことがめんどくさい人は、ハンガーにかけててもいいですね。

▼Tシャツのたたみ方とコツ

最後はTシャツのたたみ方。Tシャツも着るシーンが増える前に、効率的にたたみたい!

たたむシャツはこちら。

それではたたみ方です。

⑴裏返します。

⑵シャツと同様に、脇を中心に折ります。

このとき、背中の中心より少し外めに畳むようにしましょう。

⑶袖を折り返します。

袖を外側に折り返します。できるだけ縫い口に合わせて折り曲げるようにしましょう。シワになるので。

⑷反対側も同様に折り返します。

⑸裾側から2回折り返します。

裾側から2回折り返すとコンパクトになります。ここからもう一度折り返して、丸めて収納するスタイルもおすすめ。

こういう感じでたためばいいんですね。僕はTシャツはたたまず、くしゃくしゃにしているので、これを参考にしたいと思います。

▼たたみ方を知って、楽に家事をしよう

たたみ方を覚えると綺麗にたためる喜びを知れるので、たたみ方が楽しくなってきます。

あとは習慣にする方法や、収納の方法も知りたいところですが、それらは今後でやっていきましょう。

それでは。楽しい洗濯物たたみ生活を送ってください。

この記事をシェア!