寒すぎで眠れない!一人暮らし肌寒い夜のおふとん攻略

一人暮らしの部屋が寒すぎて眠れない! そんなお悩みをお持ちの方にむけて、今回は様々なアプローチで、「冬に温かく眠る」方法を紹介いたします。

部屋を温める

寒さ対策には、まず部屋全体を温めることが大切です。

・暖房

ヒーターやストーブだと火事の心配もあるので、エアコンをタイマーでセットするのがおすすめです。その際には空気が非常に乾燥するので、加湿を忘れずに。加湿器がない!という方は、洗濯物を干すと乾きやすく湿度も上がるので一石二鳥です。

・カーテン

窓から熱を逃がさないために、カーテンを変えてみるのもひとつの手です。断熱性の高いカーテンを選ぶと良いでしょう。部屋の寒さはどこからくるの?実は、部屋の熱(温かさ)のおよそ半分は窓から逃げてしまっているのです。

カーテンを替えるなんてお金がかかる!めんどくさい!という方は、プチプチなどの梱包材などを窓に貼っても、断熱になりますよ。

ふとんを温める

幸福感が高いのが、ふとんを温めること。寒い夜のほかほかのおふとん。もうそこは天国!という気分になるのでおすすめです。

・電気毛布

電気毛布はスイッチひとつでおふとんを温めてくれる優れもの。価格も暖房やカーテンを買うよりもリーズナブルだと思います。以下の2点に注意して使いましょう。

①敷き毛布として使うこと。寝床は下からの冷たい空気が入りがち。畳やフローリングからの冷気を避け、下から暖めます。さらに掛け布団でフタをすれば完璧です。

②眠っている間につけっぱなしにしないこと。火災の恐れがありますし、体温が上がり過ぎたり、乾燥でのどや肌がカサカサになったりします。

・湯たんぽ

電気毛布よりリーズナブルにおふとんを温めてくれるのが湯たんぽ。お湯を沸かして湯たんぽに入れて…と、少し手順は多いですが電気代が気になる方にもおすすめです。低温やけどの恐れがあるので、寝る時は寝具の外に出すようにしましょう。

自分を温める

自分の体温を上げるということも、温かく眠る方法のひとつです。部屋や布団を温めるだけでなく、身体そのものを健康的に温かくしましょう。

・入浴

体を芯から温めるためには、寝る直前の入浴がベストです。また、温度は41℃以下、38℃以上にじっくり浸かること。10分浸かれば体温は1℃あがるそうです。
一人暮らしだと、どうしてもシャワーのみになりがちですが、あまりにも寒い日や自分のご褒美をあげたい時に積極的に使っていきましょう。

・食べ物

体を温める食材、冷やす食材があるのをご存知ですか? こうした食材をうまく食事に取り入れましょう。

身体を温める食べ物の代表は、生姜、唐辛子、ナッツ、サバやアジなどの青魚、羊や鹿の肉などです。反対に、小麦、バナナやマンゴーなど南国の食べ物、お茶やコーヒーなどのカフェインは身体を冷やしてしまいます。身体を冷やす食材を食べる際は、加熱したり、体を温める食材と一緒に食べたりするのがおススメです。

・寝る時の服装

寒いからといって、厚着をして眠っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?でも着込みすぎには要注意。

厚着をしてしまうと、体温調節や寝返りを妨げてしまいます。薄手で、汗を吸ってくれる綿やウールの素材が特によいですね。

いかがでしたか?お金をかけて環境を改善するものから、今すぐに試せる方法まで様々紹介しました。「冬は寒いものだ」と諦めずに、温かく快適に眠れる方法を探してみましょう。

この記事をシェア!