恐い火事を起こさないために! 一人暮らしでできる「火災対策」

一人暮らしをしていて、不安なことの一つが火災です。大事な家具や思い出の品々が燃えてしまうだけでなく、時には命の危機すらあります。

料理、暖房器具、タバコなど、実は身の回りには火災の原因になるものがいっぱい……。自分でできる火災対策をまとめました。

消化器の場所・避難経路を確認しておく


一般的に、アパートやマンションには消化器が設置されています。ですが、実際にどこに置いてあるか、注意して見てみたことはありますか? もしものときに慌てないよう確認しておきましょう。できれば、一か所だけでなく数か所知っておくとよいですね。

また、非常口、非常階段など、避難経路も忘れずに確認を。ベランダに避難梯子がある人もいるかもしれません。こちらも見ておきましょう。

最低限知っておきたい防災対策


部屋の中でも、気を付けるべき点はたくさんあります。少し気を付けることで防災になりますので、ぜひ知っておいてください。

・火のそばに燃えやすいものを置かない

当たり前に思えますが、実は気づかずにやってしまっていることも……。ストーブの真上に洗濯物を干したり、コンロの近くに布巾を置いたり、カーテンのそばでキャンドルを灯したり…危ないですよ!

・タバコの火の後始末はしっかりと

タバコの火による火事は多い出火原因の1つです。 タバコの火のポイ捨て、寝タバコは特に危険なので絶対にやめましょう。自分が吸わなくても、タバコを吸う人が訪れた場合は気をつけておいて間違いはありません。

ただ揉み消すだけでなく、水をつけて確実に火が消えていることを確認しましょう。

・コンセントにホコリをためない

家具の後ろや、ベッドの下など、差しっぱなしになっているコンセント、ありませんか? そこにホコリがたまると、ショートして火災の原因になってしまいます。こまめに掃除しましょう。

また、たくさんコンセントを差す「タコ足配線」や、コードを束ねたまま使うことも、高温になるので危険です。

・直射日光の当たる所にガラス製品を置かない

ガラス製の瓶、メガネ、望遠鏡や虫眼鏡、水槽などは太陽光が当たるところには置かないようにしましょう。

ガラス製品は、窓際に置くとキラキラしてきれいですよね。でも、それが火事の原因になるんです。虫眼鏡で紙を燃やす実験をしたことがある人もいるかもしれませんが、同じようにガラスがレンズの役目を果たし、発火することがあります。

一人暮らしにオススメな消火グッズ

マンションやアパートにも消火器はありますが、それらは玄関や廊下など、共用部に置かれることがほとんどです。

一人暮らしの部屋で、専用の消化器を用意するのは難しいので、邪魔にならない操作も簡単な消化スプレーがあるとさらに安心ですね。

また、濡らしたバスタオルやシーツ、大きなフタなど、身の回りのものも消火に役立ちます。

気をつけておいて損はない!

一人暮らしでも火災対策は絶対に必要です! ふとした油断が火事の原因となってしまうこともあります。
火災が起きてしまって慌てないよう、普段から気を付けて生活したいですね。

この記事をシェア!