いざという時のために。用意しておきたい防災グッズリスト【保存版】

一人暮らしをする人に気を配ってほしいのが防災です。実家にいた時は、ご家族がその備えをしてくれていたかもしれませんが、一人暮らしでは自分自身で非常事態に備えないといけません。

もしものときのために、いま一度防災グッズについて見直してみてはいかがでしょうか?

防災グッズリスト

●必ずまとめておきたいグッズリスト(一次避難用)

まず逃げる時に必ず必要になるものたちです。いざという時の止めに、まとめて収納しておくことをおすすめします。

□貴重品(通帳・印鑑、身分証明書、健康保険証、現金など)
□3日分の水(500mlを3本くらい)
□1日分の食料(かんぱんなど)
□ラジオ(手回し充電器やソーラー式充電器で、携帯電話の充電ができると理想的)
□携帯電話の充電器
□電池
□筆記用具
□懐中電灯
□応急用医薬品(消毒液、包帯、絆創膏、薬など)
□メガネやコンタクトレンズの予備

●あると理想な防災グッズリスト(二次避難用)

□5日分の水(500mlを5本くらい)
□給水用バッグ
□3日分の食料
□雨具(傘よりもレインコートがおすすめ)
□使い捨てカイロ
□ウェットティッシュ、トイレットペーパー
□ビニール袋
□下着や着替え(女性の場合は生理用品なども)
□タオル
□ホイッスル(自分の居場所を伝える)

防災グッズの収納法

●リュックサックに準備


まず、防災グッズはまとめて持ち出せるようになっている事が大切です。両手が自由に使えるリュックサックに入れておくのが一番良いですね。背中に背負っていれば失くすことはありません。

さらに、緊急時に「これだけは絶対に必要」という一次避難用と、ある程度の物資が入った二次避難用にわけて保管しておくと安心です。ただし、一人暮らしだとお部屋の収納スペースに限りがあると思いますので、1つの袋にまとめていなくとも、どこに何があるか常日頃から意識しておくと良いでしょう。

防災グッズ収納場所

一次避難用は場所も取らないので、ベッドの側など、部屋の中ですぐに持ち運べる場所に置いておくのがベストです。

壁にフックなどを取り付けてリュックをぶらさげると、狭い部屋でも空間を上手く使えます。緊急時に手をさっと伸ばせる位置にあるのが大切ですね。暗闇でも見つけやすい、救助の際に見つかりやすい、という意味でも防災リュックはオレンジ色など明るい色がおすすめです。

また重さにも気を配りましょう。一般的に女性が持って移動できるのは10㎏程度と言われています。いろいろ入れたいですが、いざという時に動けるよう必要最低限のものを厳選してください。

災害だけは、いつ何時起こるか予想がつきません。その時が訪れてから慌てては遅すぎます。こうした準備をしておくことで、いざという時の安心材料になります。一人暮らしをするなら、自分なりの災害時の備えというものを心掛けてみてください。

この記事をシェア!