すぐに消したい!部屋の「タバコ」のニオイ解決方法

部屋でタバコを吸うと、匂いが染みつくのがイヤですよね……。自分は吸わなくても一人暮らしの部屋に先輩や恋人など、タバコを吸う人が訪問することもあるでしょう。そんな時に、ニオイを上手く消す方法を知っておくと便利です。

1.吸うときの対処法


とにかく、換気は最も大事です。たばこの煙が密閉された部屋の中にこもってしまうと、家につくニオイも強くなってしまいます。外で吸ってもらうのが一番ですが、部屋で吸うときは換気だけは忘れないようにしましょう。

換気扇を回しただけでは不十分です。できるだけ複数の窓を開けることで、しっかり空気の通り道をつくりましょう。できればタバコを吸い終わってからも10分程度開けておきましょう。特に冬の寒い時期には怠りがちなので要注意です。

2.ついてしまったニオイを消すには?

いくら換気をしてもニオイが残ってしまっている場合は、元になっている箇所を掃除しましょう。タバコの煙は目には見えなくても、部屋のあちこちに拡散して付着しています。衣類やカーテン、カーペットといった布の部分を洗ったり、壁紙を拭いたり、総合的な処置が必要です。

衣類は洗濯すればよいですが、頻繁に洗うことができないカーペットなどは、消臭スプレーだけでも効果があります。本格的に洗う場合は、消臭力が強い重曹を活用しましょう。無ければ家庭用洗剤を使います。

消臭スプレーが無い場合や使えないときは、重曹まいて、時間が経過したら掃除機で吸い取ります。

壁紙も重曹できれいにできます。重曹を溶かした水を使わなくなったタオルに付けて、それで壁をふきましょう。スプレーボトルなどに入れて、タオルに吹き付けるとやりやすいですよ。

アルミ製品や特定の木製品は変色する可能性があるので注意してください。重曹をまいたら、拭き取るのを忘れないようにしましょう。タバコの汚れは水に溶ける性質があるため、掃除にはまず、水拭きから始めましょう。

3.タバコのニオイを抑える事前対策

使う灰皿も、密閉できるものを用意しておきましょう。ニオイは、タバコの煙によって付着するので、工夫次第では拡散を抑えられます。蓋のある密閉タイプにすることでニオイが随分違ってきます。あらかじめ用意しておきましょう。もし難しければ、アルミホイルなどを蓋にしておくだけでも、だいぶ匂いが軽減できますよ。

また、空気清浄機を用意しておくのも効果的です。特にフィルター式の空気清浄機なら、ファンによって空気を描き込み、煙や汚れた空気をろ過してくれます。有害ガス対応フィルターになっているものを選びましょう。

タバコを頻繁に吸う人にとっては、部屋にある程度のニオイがつくのは避けられません。でも、一人暮らしの部屋がタバコ臭かったり、壁紙がヤニだらけだったりしては、人を招きにくいですよね。

こまめに掃除したり、空気を入れ替えたりするだけでも、ニオイを大きく抑えられます。自分自身も気持ちよく過ごすために工夫してみてください。

この記事をシェア!