本当に南向きだけがいい部屋なの? 部屋選びには「日当たり」を意識しよう

お部屋探しで家賃や間取り、駅からの距離と並んで重要視されるのが「日当たり」。特に南向きが人気ですね。

なぜ、南向きが人気なのでしょうか。 それ以外の方角では、何か問題があるのでしょうか。一般的に南向きが良いとされるため、理由も知らないまま「南向きが良い!」と思っていませんか? 意外と知らない部屋の「方角」に関して、詳しく説明していきます。

そもそもどうして「南向き」が良いとされているの?

日本人が「南向き」をありがたがるのは、北半球にあるので南側は年間を通じて日差しが入りやすいことが理由のひとつです。湿気の多い日本では、布団や洗濯を干すため特に日当たりを重視してきたのでしょう。そうして「南向き信仰」が広まっての部屋を好む人が増えていったと考えられます。

南向きのメリット

窓の大きな日本の住まいでは、南向きのメリットは「明るく暖かい」こと。昼間は長時間明るく、部屋の中は暖かです。

夏は暑いのではないか?と思われがちですが、夏の時期は太陽の光が上から降り注ぐので、あまり部屋の奥までは陽が入りません。(すだれやシェードなどを使えば、さらに涼しくなります)

また、冬は太陽の位置が低いので部屋の奥まで日差しが入り込んで、暖かです。つまり、南向きだと冬は暖かく、夏の暑さは防ぎやすいというということです。

人気の南向きのデメリット

しかし、南向きのお部屋にもデメリットがあります。まず、人気のため家賃が高いということ。そして、日中に比べると朝は日が入りにくいという点です。

意外に知らない、南向き以外の部屋のメリット


では、南向き以外のお部屋のメリットはあるのでしょうか。ライフスタイルによっては、南向きにこだわらなくても問題ないこともあります。特に、一人暮らしの方は、自分の生活スタイルだけを基準に考えられるため、お部屋選びの選択肢が広がりそうですね。

東向き 朝日が入ってくるので、日の光を浴びて気分よく起きられます。朝学校や会社に行き、日中は家にはいない、という方におすすめです。

西向き 夕方のまぶしい「西日」が嫌われがちな西向きのお部屋。朝早く出かけ、暗くなった頃には家にいる、という方にはおすすめです。特に冬は午後暖かくなりやすいですよ。

北向き 日当りが良くないイメージがあるかもしれませんが、そこは間取り次第。実際にお部屋を見て、明るさを確認した方がベターです。一日家にいることが多い方などは、明るすぎないため、かえって過ごしやすいのは北向きのお部屋です。

方角以外にどんな点に注目すれば良いの?

これまで方角と日当りの関係をお話ししてきましたが、お部屋が建物のどこにあるかによっても日当たりの環境は変わってきます。1階以外で、明るい角部屋というのが人気ですが、ここにも意外と知らない事実がありました。

窓が多く取れるため日当たりがよく、さらに隣の人を気にしなくてよいという理由から人気の角部屋。

しかし、日当たりの点ではメリットと思われていたことが、デメリットになってしまうこともあります。2階の角部屋の場合、日当たりが良すぎて暑かったり、古い建物では屋根の熱が伝わってきて暑くなってしまうなんていうことも。
また、角部屋にもデメリットが。冬には窓が冷たーくなりますよね。窓に囲まれている角部屋は冷たい空気が入ってきやすく、温かい空気が逃げやすいので、冬は特に寒さが厳しいかもしれません。

南向き、2階以上、角部屋!という人気の高い条件にも、「熱の厚さ」や「冬の寒さ」の面で考えると意外なデメリットがあることも事実です。一般的にいわれる「良い条件」に左右されず、自分のライフスタイルにぴったりなお部屋を見つけましょう!

この記事をシェア!