その生ゴミ大丈夫?溜め込むと起こる怖いこととゴミ対策

生活をしていれば、当然出てくるのが「ゴミ」。一人暮らしでは、自分できちんとゴミを出さなければどこまでも溜まっていきます。もしもゴミを出すのを怠り、溜め込んでしまうと、恐ろしいことが起こってしまいますよ…。

今回は生ごみをためてしまうことで起こり得るリスク3つと、対処方法をご案内します。

1.不快な臭いが充満する


生ごみのなんとも言えない不快な臭いは、皆さん体験しているでしょう。あの生ごみ特有の臭いは、雑菌が繁殖して起こります。特に生ごみは水気(湿気)が強く、部屋の中に放置されると、生ゴミの温度が一定以上高まります。

そのため、ジメジメした梅雨や暑い夏場は特に要注意。外出先から帰ってきて玄関を開けた際に、臭いが気になった事はありませんか。空気が滞留した閉め切った部屋だと、特に危険です。また生ゴミの汁が服などに垂れてしまうと、臭いを取るのは大変です。

2.ハエやゴキブリが出現する

ゾゾッとする話ですが、生ゴミを放置すると、ハエやゴキブリが部屋の中に出現します。生ゴミが出す特有の臭いが、彼らをおびき寄せるのです。生ゴミは、彼らにとって格好の餌。特に夏場によく出現するコバエは、生ゴミにやってきて産卵をし、大量発生することも…。恐ろしいですね。

3.キッチンやゴミ箱などがカビる


生ゴミを放置したままだと、ゴミ箱やその周りの床や壁がカビてしまうことがあります。キッチンの周辺は湿気があるためカビが生えやすく、さらに油カスや生ごみは、カビにとっては素晴らしい栄養源なのです。

中にはアレルギーを引き起こしたり、食中毒の原因になったりするなど、人体に危険なカビもがあります。そんなカビが、キッチンで料理を作る時に体内に入っては大変です。

生ごみに悩まされないための対策

生ゴミを家の中に溜め込んでおくのは、百害あって一利なしです。とはいえ、ゴミを出し忘れてしまったり、料理をしてゴミを出す曜日がまだ先だったりするケースもありますね。そんなときは、次のような対策を行いましょう。

・水気を切る
生ゴミは、ある程度水気、汁気を切ってから、ゴミ箱に捨てましょう。新聞紙で包むというのも有効です。新聞紙はインクが消臭効果を持っていますし、水分も吸い取ってくれます。さらにポリ袋などに入れたら、空気をしっかりと空気を抜いておきましょう。そうすれば腐りにくくなるはずです。

・冷蔵庫や冷凍庫に入れる
夏場などは、しっかりとポリ袋などで密封した生ごみを冷蔵庫や冷凍庫に入れておく、という手法もあります。温度を下げることで腐りにくくなるからです。腐ってから入れても、冷蔵庫に臭いがつくだけなので、料理をしたらその都度やっておきましょう。

生ゴミを放置すると、大変な事になります。住んでいると、少々の臭いには慣れてしまいますが、人が訪ねてきたりすると物凄く悪印象になります。何より、清潔にしていないと体にとって有害ですので、できる限り早く生ゴミを処理するようにしましょう。

この記事をシェア!