キッチンの収納基本テクニック3つ 狭いキッチンも広くなる!

狭いと感じる一人暮らしのキッチンでも、工夫次第でとても使いやすくなります。キッチンが上手く整理できると、お料理タイムもずっと充実しますよ。今回は、キッチンの収納術の基本を見ていきましょう。

1.自由に使えるカウンタースペースを確保


収納などを考える前に、料理する為のフリーカウンタースペースを確保しておきましょう。食材を置いておいたり、一時的にまな板を置いて野菜を切ったりする場所のことです。キッチンが狭くても、常に空いた空間があればストレスなく料理ができます。それ以外の場所に食器などを置く事を工夫すればよいのです。

料理をする際は水洗いをするシンクの側にカウンタースペースを設けると便利です。シンクスライドラックを設置することで、カウンタースペースの面積を増やすこともできます。

2.既存の収納スペースにもさらに仕切りを

すでに食器や器具を置いている空間に目を向けましょう。重ね置きしてごちゃごちゃしていませんか?

・キャビネットの中には、仕切りスタンドやファイルボックスを活用
仕切りスタンドなどを購入して設置するだけでOK。お皿やまな板、お鍋などはスタンドに立てて入れておくと、取り出しやすいです。小分けにすることで、種類別に保管できるので、とても料理が快適になります。小さな食器収納棚を購入して置くだけでも違いますよ。

・キッチン上部の収納棚には突っ張り棒を使う
ガスコンロの上部にある収納棚で、さらにスペースを小分けにしたい時に活躍します。キッチンが狭いと、それだけ突っ張り棒も短いもので済むので積極的に利用しましょう。突っ張り棒を奥と手間で2本張れば、比較的細長いラップやアルミホイルやジップロックを仕舞っておくこともできます。

3.デッドスペースを利用する


工夫すれば収納場所はかなり作り出せます。使われていないスペースに目を配りましょう。

・キッチンの壁面には突っ張りパーテーション
キッチンの壁はわかりやすいデッドスペースですね。突っ張りパーテーションを設置すると、お鍋やお玉などはフックに引っかけておけます。

・周辺に隙間にはポールワゴンを置こう
キッチンの周辺に、隙間などがあったら、その隙間に合うポールワゴンを購入しましょう。数段重ねになっているので、様々な小物を置いておけます。食材や調味料などはこちらに集約してもわかりやすいですね。移動可能なので、料理中は手元に引き寄せることもできます。

・収納棚の裏にもフックを設置
収納棚を開けると、開けた扉の裏側には何もない場合が多いですね。この扉側にもフックを取り付けて料理器具をつるしたりできます。

・冷蔵庫にはマグネット付きケースを設置
冷蔵庫の中ではなく、外に収納スペースをつくります。マグネットになっていて取り付けができるケースであれば、冷蔵庫の外側に設置できて便利です。

キッチンの構成や料理スタイルによっても、収納テクニックやアイディアは千差万別です。100円ショップやホームセンターには、アイディアを具体化してくれるグッズが揃っています。是非、自分にとって最高の一人暮らしキッチンを作ってみて下さい。

この記事をシェア!