【もう悩まない!イマドキ女子の物件探しルール】五島夕夏の #一人暮らしをチラ見せ vol.7

ひとり暮らしLabをご覧の皆さん、こんにちは。
イラストレーターの五島夕夏(ごとうゆうか)と申します。

寒さの中で春の気配を感じられるようになってきた、今日この頃。
皆様いかがお過ごしですか?

春といえば、出会いの季節。色んな変化がある時期ですね。
新生活に向け引っ越しを考えている方も多いのではないでしょうか。
かくいう私も、3月頭に自身の引っ越しを控えてドタバタの日々。

ということで今回は、ちょっと真面目に!
私の自己流、物件探し方法を紹介したいと思います。

これを読めば、忙しい中でもバッチリお気に入りの物件が見つかる……かもしれません。
それでは早速、ご覧くださ〜い!

建築家気分で間取りを描こう

さて。
ひとくくりに物件探しと言っても、まず何をすればいいの?と戸惑っているそこのあなた。
まずは、思い切り理想を描くことからはじめましょう。

「ダイニングキッチンにテーブルを置きたい!」
「大きなバルコニーに憧れる〜」

人によって、気になるポイントも生活スタイルも違うのが当たり前。
最初は自分がどんな部屋にときめくか、“理想を詰め込んだ間取りを紙に描きだしてみる“のです。

この時、家賃や場所のことは深く考えないのがポイント!
だんだんと自分の優先順位や譲れる部分が見えてくるので、それは後から少しずつ整理すれば問題ありません。

同じ1K、同じ1LDKでも間取りによって使い勝手が変わるので、楽しみながら考えてみてください。

Instagramを大活用

なんとなく理想の間取りが決まったら、次は大事な住む街探し。
本当は一駅ずつ見て周りたいところだけど、なかなかそんな時間はとれません。

そんなとき使いたいのが、“Instagramのハッシュタグ#“
Instagram利用者なら誰もが日常的に使っている機能が、実は物件探しに役立つんです。

例えば「#代官山」とハッシュタグ検索をすると、おしゃれなカフェやショップの写真がズラズラ出てきます。
一見そんな街に住めば、センスの良いものに囲まれた優雅な暮らしができそうですよね。

しかし逆に言えば、人気なお店が多く休日は人ごみで動きにくい、とも捉えることができます。

他にも色んなパターンが推測できて…

(例)飲み会写真が多い街→
●メリット……夜まで人が多く、活気づいている。深夜まで営業している店がある。
●デメリット……夜道で酔っぱらいに絡まれるかもしれない。

など、自分なりにその街の雰囲気をつかみ取ってみてください。

もちろん写真の切り取り方は人それぞれなので、住みたい街が多くて困っている人にイチオシしたい方法です。

ストリートビューで街歩き!?

住みたい街がある程度かたまったら、次は“Googleストリートビューを活用“してみてはいかがですか?

ストリートビューといえば、世界中のリアルな名所や絶景を眺めることのできるスーパースゴイ機能ですが、これがまた使えるんですよ……!

このストリートビュー機能を使えば、いつでも簡単に街歩きを疑似体験することができます。
駅前の活気や近くの公園など、家にいながら気になる街の情報をゲットしちゃいましょう。

ネットで気に入った物件を見つけた際も、最寄り駅からの道をストリートビューで確認してみると、毎日の通勤・通学が想像しやすくなりますよ。

これなら夜しか空き時間が無い人でも問題ナッシング!

物件チェックをクセにしよう

さあ、ここまでくれば怖いものなし。いよいよ本当の物件探しがスタート!

いきなり不動産屋さんを訪ねても物件は紹介してくれますが、ある程度ネットで下調べしていくと話がスムーズに進むのでオススメです。

しかしここで気をつけなければいけないのは、“良い物件はすぐに埋まる“ということ。

特に繁忙期は、物件がネットに掲載された途端に申し込みが入ってしまうこともしばしば。

ココ、安くて広くて駅からも近い!どうしようかな〜。なーんてあなたが悩んでいる間に、同じようにその物件をチェックしている人がいることを忘れてはいけません。

こればっかりは運としか言えないので、とにかく“隙間時間に物件をチェックするクセ“をつけましょう。
気に入った物件はすぐに問い合わせをして、空きをチェック!チェック!チェック!!

そして何より大切なのは、ダメだった物件に未練を持たないことです。
入れ替わり新しい物件は出てくるので、巡り会いだと思ってすぐに気持ちを切り替えるのが、楽しい物件探しの肝になります。

身だしなみもしっかりと

最後に待ち受けているのが、不動産屋さんと直接のやり取りです。

不動産屋さん選びに関しては、問い合わせた物件の取り扱い店舗・近所の店舗・住みたい街の店舗など、いくつか回ってみるといいかもしれません。

そこで行われるのが物件の紹介や内見等、契約までの大事なステップ。
実は結構、“身だしなみを見られている“って知っていましたか?

なんて偉そうに言っちゃいましたがこれ、私自身が気づかなかったことでした。

賃貸とはいえ、部屋を借りるのは大きな買い物。
貸し主さんも不動産屋さんも、常識あるきちんとした人に貸したいはずですよね。

そんな時に少しでも良い印象を与えられるよう、不動産屋さんを訪ねる時は清潔感ある身なりを意識するのがベスト。内見をする場合に備えて、靴は歩きやすいものをチョイスしましょう。

中にはオーナー(貸し主)さん立ち会いの内見もあるので、身だしなみを整えておけば安心して対応できるでしょう。

おわりに

これにて、私の物件探しルールはおしまい、おしまい〜!
少しでも参考になれば嬉しいです。ドキドキ。
それでは、皆さんの輝く新生活のために、良い物件が見つかることを祈っています!

フレー!フレー!み・ん・な!
(おしまい)

この記事をシェア!