「洗濯表示マーク」が変わったの知ってる? 新表示の基本的な見方とポイント

一人暮らしを始めたら、当然洗濯は自分で行う必要があります。そんな時に気を付けたいのが、衣服についている「洗濯表示マーク」。このマークの注意書きに沿って洗濯しないと、お気に入りの衣服が変色したり縮んだりしてしまうことも。

実はこの「洗濯表示マーク」、2016年12月から新しいものに変更されました。しばらくは旧マークとも併用されつつ、段々と刷新されていく予定です。多くの人にとって見慣れない新・洗濯表示。大事な洋服を正しく洗えるように、基本的な意味合いを知っておきましょう。


出典:消費者庁ウェブサイト 新しい洗濯表示

1.まずはここを見ておこう「家庭洗濯」のマーク

とりあえず洗濯機を使う際にチェックしておきたいのは「家庭洗濯」のマーク。容器(おけ)に水を張ったような図です。このマークがあれば洗濯機で洗濯ができます。

ここで注意したいのは、容器の中に書かれている数字と、容器の下にある横線。数字は「水温」、横線は洗濯における「強弱」を表します。数字が30であれば30℃の水温で洗濯ができるということです。

また横線が多ければ多いほど、弱めに洗ってください。1本線なら「標準」コース。2本線なら「ソフト」コースで洗う必要があります。

容器に手を突っ込んだマークもあります。これは、洗濯機を使わず「手洗い」をしてくださいという意味。間違って洗濯機で洗わないようにしましょう。優しく水洗いをして服にダメージを与えないようにしてください。

2.△=漂白! 色物や柄物は注意

三角形のマークは「漂白」を意味します。以前の洗濯表示記号では『三角フラスコ』の絵文字でした。それが省略されて△になっていると考えると、覚えやすいのではないでしょうか?「漂白→薬品→三角フラスコ→△」という、連想ゲームのようなイメージです。

汚れやシミがひどかったり、黄ばんでいたりすると漂白剤を使いたくなると思います。そんな時は、三角形に注目しましょう。

特に何も書かれていない三角形であれば、「塩素系及び酸素系の漂白剤」を使って漂白可能です。

気を付けたいのが、三角形の中に斜め2本線が描かれているマーク。これは「酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止」という意味です。“酸素系”、“塩素系”という言葉が紛らわしいですが、洗剤の表示をよく見れば大丈夫です。

さらに三角形に×印が付いたマークは、全ての漂白剤が使用禁止です。

3.四角は乾燥マーク。家で干すときは棒線に注目!

乾燥の仕方については四角マークに注目しましょう。何やら種類が多いですが基本的な要素は以下の4つです

・縦の棒=つり干し(通常の洗濯ばさみやハンガーなどでつるす方法)
・横の棒=平干し(平らな板の上に広げる方法)
・棒の数=濡れている度合い
・斜め斜線=日陰 

四角の中に縦棒が入ったマークは、「つり干し」を示しています。ハンガーなどにかけて干すということですね。

ちなみに縦棒が1本の場合は、脱水してから干す通常の「つり干し」、2本の場合は脱水しないで干す「ぬれ干し」のマークです。

脱水してしまうと型崩れが起こってしまうので、あえて濡れたまま干す必要があります。水が垂れてくるかもしれないので、タオルなどでさっと水分を取っておくと良いですね。

四角のマークに横線が入っているパターン。これは「平干し」のマークです。これも1本は通常の「平干し」。2本になると「ぬれ平干し」という意味になります。平干しは平らな場所を設けて、そこに衣服を広げて干しましょう。

つる干しや平干しに斜線が入ったマークがあります。これは、直射日光が当たらない場所で干す「陰干し」、という意味。風通しの良い場所を選びましょう。イラストでも影を表すとき斜線を描きますね。そのイメージで覚えましょう。屋根のひさしをイメージしても良いでしょう。

4.クリーニングや乾燥機の前に、四角と丸マークをチェック!

四角の中に円があるマークは、「タンブル乾燥」(コインランドリーなどで行う、衣服を熱や風とともに回転させて乾燥させるタイプの乾燥機)が可能かどうかを示しています。

円の中にある点で、排気温度の上限を判断します。1つの点なら60℃まで、2つの点があれば80℃まで乾燥が可能です。×がついたマークは「タンブル乾燥は禁止」です。「タンブル乾燥」とは「タンブラー乾燥」ともいい、回転させて熱で衣類を乾かすことです。

円に×がついたマークは「ドライクリーニング禁止」です。クリーニング屋さんにお願いする前に表示を確認しておきましょう。

5.アイロンマークは温度を確認

アイロンの表示はそのままなのでわかりやすいですね。違いは、アイロンマークに異なる数の点が入っているところです。これはかけ面における温度の高さを示しています。点が多いほど、高い温度まで耐えられる、ということ。z点1つは110℃まで、点2つは150℃まで、点3つは200℃まで可能です。

まとめ

新「洗濯表示マーク」の代表的なものを解説しました。旧「洗濯表示マーク」に親しんでいた方には、新表示には戸惑うかもしれません。今回の新表示では新しく種類も増え(旧22種類→新41種類)、情報がさらに詳細まで表示できるようになりました。

また国内外で洗濯表示が統一されたので、一度マークを覚えれば、海外旅行の際に購入した衣服でも、簡単に取り扱うことができるようになります。。

全てを覚える必要はありませんが、「家庭洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」の基本マークくらいは把握しておくと、自分で洗濯する時に困りませんよ!

この記事をシェア!