一人暮らしするなら大学に近い方がいい! でも意外なデメリットも…?

大学に通うため為のお部屋選びをする際、学校から家までの距離その距離も悩みどころですよねとなりますね。

住んでいる場所と大学は近い方が良いのでしょうか?メリットとデメリットを考えてみました見ていきましょう。

大学に近い場所のメリット

学校の近くにたむろう学生
大学に近い場所で一人暮らしすると、以下のようなメリットがあります。

メリット1:朝遅くまで寝ていられる

通学時間が大幅に短縮できるので、朝が弱いという方は、大学に近い物件を探した方が良いでしょう。午前中の授業にも遅刻することが減るかもしれません!

メリット2:講義と講義の間に帰れる

大学の講義は選択制が多く、講義と講義の間に1コマ空くことも頻繁に起こりえます。朝早くの講義と、夕方ごろの講義のみの日というのも珍しくありません。そんな時、一旦帰れる距離に部屋があるのはとても便利です。ちょっと忘れ物をした、なんて時も気軽に取りに帰ることができます。

メリット3:電車などの交通費節約にの時間を気にしなくてよい

徒歩や自転車で通える距離であれば、無駄な交通費がかかりません。大学のある場所が駅から離れているようなら、家賃も安くなります。大学生活はやりたい事がいっぱいなので、時間とお金は有効活用したいところです。

大学に近い場所のデメリット

大学生イメージ
逆に、便利すぎるがゆえに、以下のようなデメリットもあります。

デメリット1:プライベートと学校の境目があいまいになる

大学に近く、頻繁に部屋に戻ることもあれば、なんとなく気分が切り替えにくくなりますも。

近いからと時間ぎりぎりまで寝ていて、授業中もぼんやりしてしまう人もいるかもしれません。通学時間はプライベートからオフィシャルに気持ちを切り替えるためにも、ある程度は必要と言えますね。

デメリット2:友達のたまり場になる

大学生になると、同級生や先輩との付き合いも頻繁になります。

そんな時、気軽に立ち寄れる部屋は溜まり場になりやすいのです。賑やかな場が好きな人であれば問題ありませんが、みんなが遊んだ後の片付けをするのも疲れますね。

筆者の周りでよく見かけた光景ですが、夜遅くまで大学の周辺で遊んでいた友達が「終電が無いから」という理由で、無料のホテル代わりに頼ってくることもあるようです。

デメリット3:大学と部屋の往復だけの生活になる

部屋と大学の往復で一日が終ってしまうことを、少し味気なく感じることも。

郊外から駅を活用する生活であれば、その周辺には様々な商業施設があります。ショッピングにも便利でしょう。人によっては、電車で通学している際に本を読んだり、勉強したりと、行動が制限されるが故に、有意義な時間を過ごしている人もいます。

状況に応じて、部屋探しがおすすめ

大学の近くに住むかどうかは、自分なりのメリットやデメリットを把握して選びましょう。1年生~2年生時には単位を取得するために毎日のように通う大学も、3年生~4年生になると就活などで足が遠のきがちになります。

その場合は、駅に近い場所の方が利便性を強く感じられるでしょう。状況に応じて引っ越しをするのも賢い方法だと思います。

この記事をシェア!