たまりがちな「ほこり」を完全に消す6つの掃除術。ほこりの原因と対処から説明します

ほこりの発生源・原因をなくすための対策とは?

pixta_13932081_M
(丁寧にケアをしていこう)

それでは予防です。普段からほこりをケアして、ほこりに気を使いましょう。

①ほこりの発生源を減らして、ほこりを減らす

ほこりっぽい部屋の多くは、発生源に気を使えていません。発生源に目を向けて、ほこり自体を減らしましょう。

ほこりの発生源を減らす方法

・衣類はタンス、クローゼットの中へ入れる
・ものを直置きせず、ホコリの溜まり場をなくす
・布製品には革やビニールのカバーをかける

②洋服や髪の毛、衣服の汚れを丁寧にケアする

また、気を使っていても、ほこりの原因は普段着る洋服や、生活の中で体につく砂ぼこりなどです。一番重要なのは定期的なケアをすること。こちらをチェックして、部屋をきれいに保ちましょう。特に、柔軟剤×水拭きをすることでほこりが溜まりにくくなります。

ほこりの出どころを丁寧にケアする方法

・定期的にハンディモップで拭き取る
・定期的にモップがけ+掃除機がけ
・柔軟剤×水拭きで静電気防止の水拭きをする
・空気の入れ替えを1日2回程度は行う(風が強い日は砂埃防止のために窓は閉める)
・布製品は週1で水洗いする

③ほこり対策グッズで+αの対策をする

発生源のケアをして、丁寧にケアをして、その上でさらにケアをしたいという方は空気をきれいにするグッズを用意しましょう。メインは空中に舞ったホコリの対策です。

おすすめのほこり対策グッズはこちら

・空気清浄機を設置する
・扇風機に専用フィルタをつけて対策
・通気口にも専用フィルタをつける

水洗い・水拭きで部屋を清潔に保つのがほこり断絶の近道

いかがでしたか?私は喘息がちで、ほこりにはとても弱いので普段から苦戦していたのですが定期的な掃除を心がけるだけで、いやすい部屋になりました。特に、布製品の水洗いや、部屋全体の水拭きをするようにしてからはかなり過ごしやすいように感じます。

ほこりに悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にして、部屋を清潔、安心の環境に保ってみてくださいね。

この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し