たまりがちな「ほこり」を完全に消す6つの掃除術。ほこりの原因と対処から説明します




一人暮らしをしていると「ほこり」に悩まされることはありませんか?
テレビ、冷蔵庫、本棚、電子レンジなどの家具をはじめ、部屋の隅や見えないところまであらゆるところに「ほこり」は存在しています。

ホコリはくしゃみや鼻水の原因となるアレルギー反応を引き起こし、日常生活での不調の原因にもなります。健康で安心できるひとり暮らしをするためにも、家の中のホコリは、完全に消すことをおすすめします。

とまあ偉そうに書いているわけですけども、実は私自身が「ほこり出しがちな男」でして。油断するとすぐに部屋がほこりまみれになってしまうところを反省して、現在はほこりなし生活1年目突入というわけです。

それでは今回は、「ほこりを完全に消す」ために知っておきたいすべてのことを紹介します。ほこりに悩まされている方、ほこりに弱い方はぜひ参考にしてください。

ほこりのことを知ろう

敵を倒すためには、まず敵のことを詳しく知りましょう。ほこりとは何か、どこから、どうやって発生するのかについてを理解します。

ほこりとは、身の回りにある糸くず、砂、食べ物、髪の毛などが絡まってできたものです。空気中にごみが舞って、床に落ちてたまっていくと、よく見る灰色のほこりになります。洗濯機の中にある「ほこりとりネット」をみたことがありますか? 一定期間放置しておくと大量のホコリが塊になって出現するのですが、あれは服についた糸くずと汚れが混ざり合ってホコリの形になるわけですね。

普段生活しているときには主に、洋服や布などの衣類が擦れたときに発生します。空気の流れで動くため、ファンがついた家電や、空気の流れの止まる部屋の隅に溜まりやすいことが特徴です。また、静電気のある場所にも集まりやすくなっています。

つまり、ホコリは「服や布から発生」し「空気の流れで動く」ものなのです。

ほこりがたまりやすいところを確認しよう

上記で説明したたまりやすい場所を、わかりやすいように一覧にしたので見てみましょう。

ほこりがたまりやすい場所

・家電の上、裏
・家具の上、裏
・カーテンやクッションの布製品
・ケーブルの周り
・電気カバー
・窓枠、サッシ
・部屋、廊下の隅

ポイントは「布」「人がいない場所」「静電気のある場所」の3点。
ほこりを消すためには、これらの場所をチェックしましょう。

今回紹介するのは「これらの場所を掃除しましょう!」という陳腐なものではありません。私が推奨するのは「ほこりの出現を減らし、それでも出現したほこりは全て消す」という方法。順をおって紹介していきます。

ほこりを原因から消す。まずは「駆除する」ことから

pixta_9577558_M
(丁寧に掃除をして、ほこり駆除をしよう)

それでは、いよいよほこりの対策編にうつりましょう。ほこりの出どころ、発生のしかたを理解したら、あとはほこりがでないように対策をして、掃除をするだけです。「駆除」「予防」に分けてみていきましょう。

次のページでは、「駆除」に使える3つの簡単な方法をご紹介しています!






この記事をシェア!

レオパレス21でお部屋探しレオパレス21でお部屋探し